まるごと青森

twitter facebook rss
あの栗ソフトがパフェになりました

あの栗ソフトがパフェになりました

グルメ | 2005-11-07 17:19

三内丸山遺跡の「縄文パフェ」
平成12年に国特別史跡に指定された「三内丸山(さんないまるやま)遺跡」は、今から約5500年前~4000年前、長期間にわたって定住生活が営まれていた日本最大級の縄文集落跡です。

平成4年から行われている発掘調査では、膨大な量の土器や土偶とともにヒョウタンやクリなどの植物もたくさん出土しており、これらをDNA分析したところ、なんとクリまでも栽培されたものだったそうです。

そして現代。クリは、三内丸山遺跡「縄文時遊館」の名物「栗ソフト(=ソフト栗夢280円)」になっていますが、あまりにも好評であるため、パワーアップして「栗パフェ(=縄文パフェ550円)になりました。

あの栗ソフトがパフェになりました

甘いバニラアイスとコーンフレークの上に、香りまろやかで後味スッキのモンブランクリームがたっぷりのせられ、さらに粒あんと生クリームが添えられています。そしてトッピングにはクリと松の実、パフェの定番小枝チョコレート(?)とウエハース。一度は食べてほしいボリュームたっぷりのパフェです。

このパフェが食べられるのは、縄文時遊館の「れすとらん 五千年の星」。ただし、午後2時からのブレイクタイムメニューでお昼時は食べられないのでご注意ください。  by 義人
※ソフト栗夢はいつでも食べられます。 

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅