まるごと青森

清水と歴史が育む 「一町田のセリ」

清水と歴史が育む 「一町田のセリ」

体験 | 2006-01-06 16:02

邪気を払い健康と五穀豊穣を願う七草粥。
全国的には、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ホトケノザ(タビラコ)、スズナ(かぶ)、スズシロ(だいこん)の七種ですが、冬場に葉物などとれない津軽藩では、この地方ならではの七草が用いられていたと「津軽藩日記」に記されています。なんと、津軽の七草には、あの大鰐のモヤシも含まれていたのですよ。

津軽の七草にも数えられる「セリ」。セリは国内で最も古くから利用されてきた数少ない日本原産野菜のひとつです。小川のほとりや田んぼの畔に群生し、競って伸びる様子から「セリ」の名が付いたとか。古来は山菜でしたが、現在流通しているのは「田ゼリ」とか「畑ゼリ」と呼ばれる栽培ものです。

清水と歴史が育む 「一町田のセリ」

『清水っこ(しみずっこ)』と呼ばれる清らかな湧き水が豊富な岩木町の一町田(いっちょうだ)地区は、昔からセリ産地として有名です。この『清水っこ』は外気温にかかわらず一定の水温を保つため、この地域の田んぼは真冬でも凍ることがなく、藩政時代の昔からセリ栽培が行われていたのだと言います。

津軽藩主に献上された七草は主に大鰐産だったようですが、藩士の家庭で手に入れられる七草は必ずしも城内と同じではなく、ましてや庶民は1種か2種を入れるのが精一杯でした。おそらく、一町田のセリは、藩士や商家にとっては比較的手に入れやすい七草のひとつであり、庶民にとっては冬場の貴重な菜っ葉だったとことでしょう。

一町田のセリは、独特の強い香りとシャキシャキとした食感が身上です。鍋物のほかおひたしやみそ汁、漬け物などで食べますが、本領を発揮するのは実は「鍋焼きうどん」です。

清水と歴史が育む 「一町田のセリ」

一町田のセリはなかなか手に入りません。県内のスーパーでも売り場に並ぶのは大産地宮城県産がほとんどです。もし「青森産」とあったら、きっとそれは一町田のセリでしょう。by 義人

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ