まるごと青森

twitter facebook rss
津軽の家庭料理の味

まるで津軽の親戚の家に来たようなお店「花のや」

グルメ | 2006-03-23 11:08

平川市の北部、旧尾上町の旧道沿いに「花のや」というお店があります。
玄関口から色鮮やかな花々が所狭しと飾られていて、
お店の名前からもオーナーの花好きがうかがえるお店です。

まるで津軽の親戚の家に来たようなお店「花のや」

お子さんの独立を契機に始めたというこのお店は、
玄関まわりに少し手を加えただけで、あとは元の自宅をそのままを使っています。
客室に使われているのは、
床の間だった和室12畳と縁側2畳半、居間だった洋室8畳。
まるで「津軽の親戚の家に遊びに来た」ような気分にさせてくれて、
リラックスしてくつろいでいるのですが、
ほんの少しだけ緊張している、そんな感じです。

この時は「鯛めし」と「舞茸ごはん」をいただきました。
おかず2品にお吸い物、漬け物、小鉢、デザートがついて
鯛めしは1,500円、舞茸ごはんは1,200円です。
鯛は西海岸産のもので、この海で育った天然の鯛は、
身がしっかりとして、味も濃いため、
最後まで飽きることなくご飯を食べさせてくれます。
舞茸も地元の農家が丁寧に作った上質のもので、
歯ごたえと味が最高でした。

「鯛めし」

メインのごはんも美味しいのですが、
個人的に感動したのが「おかず」。
特になんてことのないおかずなのですが、
本当の津軽の家庭料理の味で、
懐かしさと優しさに溢れていました。

津軽の家庭料理の味

花のやのスタッフは地元の7人の女性とのこと。
女性のきめ細やかさと、
母親が子どもの食事を作るときの優しさが込められています。
食材もできるだけ地場のもの、
それも流通が確認できるものを選んでくれていて、
本当に安心して食事を楽しむことができます。

最後にいただいた手作りのおはぎ。
このお店でも人気の品で、
甘すぎず大人が食べてとても美味しいと感じる素敵な味でした。
ちょっとしたおもてなしにもピッタリのお店です。

手作りのおはぎ

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅