まるごと青森

twitter facebook rss
「八助(はちすけ)」

”うめ”と呼ばれる”あんず” 「八助(はちすけ)」

特産品・お土産 | 2006-04-10 16:26

桜の開花が近づくと「はっ」と思い出すのが梅の開花。
今年の開花は、大雪と低温の影響で5日程度遅れ、主産地の南部町では4月17日頃と見込まれているようです。
ついつい「うめ」と言ってしまいますが、この南部地方に多いのは、実は「あんず」。なぜか昔から「うめ」と呼ばれる在来のあんず「八助」なのです。 

「うめ」と「あんず」
「うめ」と「あんず」は同じ仲間。雑種も多数あるため見分けるのは一苦労ですが、簡単な見分け方は種(核)が実からはずれるか否か。「うめ」がはずれにくいのに対し、「あんず」は簡単にはずれます。「八助うめ」は、種がぱっかりと外れるれっきとした”あんず”。この地方で昔からつくられてきました。

「八助(はちすけ)」

「八助」の特徴
ひとつはなんといっても大きいこと。一般品種の3割ほども重く実に大柄です。
次に独特の食感。肉厚の果肉は緻密で、シャリッ、サクッとした歯応えは「八助」ならではです。
そして加工適性。 多くの品種は甘味少なく酸味が多いため、干しあんずやシロップ漬けなどに利用されていますが、甘味酸味ともに多い「八助」は、その食味と食感が梅干し(シソ巻き)の加工に適しているのだそうです。当然のように、この地方で梅干しに用いていたのは昔からこの「八助」で、これが「八助梅」と呼ばれるようになった理由でもあります。
熟した実を生で食べることもできますが、完熟果は収穫期が限られるうえ日持ちもしないため、スーパーなどに生食用で出回ることはまずありません。

「八助(はちすけ)」

「八助」の梅干し
小桃ほどもある「八助」は梅干しにするのが一番だと地元の人は言います。ただし、この地方で梅干しといったらシソ巻きのこと。まず、3日間ほど塩漬けした「八助」をふたつに割って天日で干し、ざっと洗って水を切った後、1個ずつシソの葉に巻いていきます。塩をまぶしながら並べ、お好みで砂糖やお酒などを少々加えて3ヶ月間ほど本漬けします。作り方は家庭それぞれで、人によっては蜂蜜を使ったり、本漬けの前に二度漬けしたりするようです。

実がなるのはまだまだ先ですが、とりあえず今年の花は、いつもの年より桜と一緒に楽しめそうです。 by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅