まるごと青森

twitter facebook rss
青森の美しい梅「豊後(ぶんご)」

青森の美しい梅「豊後(ぶんご)」

特産品・お土産 | 2006-06-20 12:04

いよいよ「うめ」が出回る時期になりました。
青森県南部地方で生産される梅の多くが、実は”うめ”と呼ばれる”あんず”であることは一度紹介しました。今回は、青森で昔からつくられている”うめ”「豊後」を紹介します。

青森の美しい梅「豊後(ぶんご)」

梅は中国西南部の山岳地帯が原産で、日本には弥生時代に渡来したと伝えられています。果実の大きさによって小梅(10g以下)、中梅(10~25g)、大梅(25g以上)に分類され、小梅は「竜峡小梅」や「甲州小梅」、中梅は「稲積」や「小粒南高」、大梅は「南高」や「白加賀」などがよく知られています。

梅は温暖な気候を好む植物。和歌山や群馬、山梨などのほか九州、四国が主な産地です。なのに、どうして青森で?実は「豊後」は、冷涼な気候を好む”あんず”との自然交雑実生なので、”うめ”の中では最も耐寒性が強いのです。

昔から実生で栽培されてきた”うめ”には地方品種がたくさんあります。「豊後」もそのひとつ。品種自体は大分原産とのことですが、南部地方でずーっと昔から栽培されてきた青森の「豊後」は、おそらく、あの八助の血を引いた青森独特の品種なのではないでしょうか。

青森の「豊後」は、淡い黄緑色の果実は40~50gと大粒で、縫合線が深くしっかりしていて美しいため、梅酒や梅漬けなどによく用いられます。

今年の出荷は6月末頃から始まるだろうと、名川チェリーセンターの方が教えてくれました。by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅