まるごと青森

twitter facebook rss
冬の青森の象徴「鱈(タラ)」2

冬の青森の象徴「鱈(タラ)」

グルメ | 2006-07-31 19:48

青森県人に昔から親しまれてきた「鱈(タラ)」は冬の青森の象徴。真夏になぜ?と思うでしょうが、つい先日、青森市民病院そばの「食事処深川」さんで、おいしい鱈メニューをいただいたのでその紹介です。

なかなか趣のある店内に入り、どれどれ、とメニューを見ると・・・。
真っ先に目に飛び込んできたのが「タラ丼 700円」。タ、タラ?丼??

冬の青森の象徴「鱈(タラ)」1

あまり見かけたことがない丼なので思わず「タラ丼、一丁!」
刺身?それとも昆布〆め?ドドーンと出てきた料理がこちらです。

冬の青森の象徴「鱈(タラ)」2

カ、カツ丼?いえいえ、タラのフライを卵でとじたれっきとしたタラ丼です。
その量の多いこと多いこと。まちがいなく蕎麦用のどんぶりです。しかも目一杯入ってます。
そして、うまいことうまいこと。ほくほくした白身は淡泊で、やわらかく煮込まれた衣には、ほどよく濃い味のだし汁がたっぷり。お好みで醤油をたらせば、とんでもなく充実した満腹感を味わうことができます。
どんぶりの陰には、手作りの漬け物とインゲン炒めが山盛りになった小皿、みそ汁。そして、うれしいコーヒー、ジュース飲み放題(!)

もっと驚いたのはメニューの数です。なんと!メニューに載っているだけでもその品数は95品!
カウンターを見ると、メニューにも載っていない新メニューが掲げられています。
個人食堂でこれほどのメニューがあるとは、すごい!話を聞くと、市○病院の看護婦さんやM銀行の常連さん達のリクエストがどんどんメニューに追加されてこうなったのだとか。愛されている証ですね。

冬の青森の象徴「鱈(タラ)」3

店の歴史は三十数年、都内のホテルや横浜中華街、県内の飲食店で修行した後、この地に開業したのだそうです。ご主人によると、一番人気はボリュームたっぷりの焼き肉定食や野菜炒め定食。また、常連さんによると、ここのカレーはひと味違うのだとか。さらに、週末だけお店を手伝っているという二代目(候補?)さんは、「看護婦さんのアイデアから生まれたもっとおすすめのメニューがあるんですよ」と微笑んでいました。どれだかわかりますか?

冬の青森の象徴「鱈(タラ)」4

近くまでお出かけの際は是非立ち寄ってみてください。趣のある店内の奥には12名ほど入る小上がりもありますよ。(「サークルK市民病院通り店」のすぐ裏手です。)

さて、本題の「鱈」を・・・と思ったのですが、紙面の都合で次の機会にゆずりたいと思います。
by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅