まるごと青森

twitter facebook rss
十和田湖の素敵なランチタイム2

十和田湖の素敵なランチタイム

グルメ | 2006-08-09 20:26

湖面から十和田湖を満喫するランチクルーズ

青森の夏祭りシリーズ前、十和田湖へ。

十和田湖の素敵なランチタイム1

旧知の方々から十和田湖の本当の楽しさをいろいろと伺い、ならばと訪れたのが、
「十和田湖マリンブルー」。

十和田湖の素敵なランチタイム2

ここは、十和田湖レークサイドホテルの中村十二社長のロマンを形にした隠れ家カフェ。
インターネットライブカメラのあるところで有名ですが、湖を眺める素敵なコーヒーショップであり、自らが運行する船の桟橋もあります。

十和田湖の素敵なランチタイム3

大正、昭和と、文人の十和田湖の楽しみ方こそ、実は、「船遊び」。
湖面に浮かべた一艘の船で、湖面からパノラマの外輪山と中山半島、御倉半島を臨む。
風に揺られ、波に揺られながら、自然人となり、絶景の真ん中にいる、そんな気分。

出航の準備を待ちながら、マリンブルーでコーヒーとレークサイドホテルメイドの大人気商品「手づくりアップルパイ」をいただきました。

十和田湖の素敵なランチタイム4

お気に入りの生産者から指名買いする県産ふじを贅沢にたっぷり入れたんだ、という中村社長のお話どおり、食感を残しながら、ちょうど良い大きさのりんごとおいしいパイ皮でペロリと平らげてしまいました。

船の名前は、「アドベンチャー21」。

十和田湖の素敵なランチタイム5

双胴船のため、揺れにくく、テーブルにおいた缶ジュースも全然ころびません。
出航し、乙女の像の前をとおり、甲島、鎧島、九重浦と進めていきます。
十和田湖遊覧船との違いはただ一つ。小さいこと。
この小ささだからこそ、遊覧船のいけないところへと入っていけます。

そして不思議な入り江に。

十和田湖の素敵なランチタイム6

上の写真は別な場所ですが、そこは中村社長一番のお気に入り。
ここでエンジン停止。
十和田湖での最高の贅沢は、「静寂」。
この入り江は、湖の音が一切聞こえない波の音と風の音と鳥の鳴き声だけの場所。

「十和田湖のこの最高の贅沢をみんなに知って欲しい。」
そんな社長の気持ちから生まれたのが、「十和田湖ランチクルーズ」。

毎日12時出航。
1時間の十和田湖クルーズ。
マリンブルーで焼いたホットサンドとかわいいお菓子が入ったランチボックスを持ってあの入り江へ。
十和田湖のやさしい湖面のゆらぎと時折肌をかすめる風、そして最高の静寂。

自分の中に今までなかった十和田湖のすばらしさ。
こんな再発見の旅でした。  byなおき

十和田湖ランチクルーズの詳細

アドベンチャー21就航記念
十和田湖マリンブルー特別企画
十和田湖ランチクルーズ(毎日運行)

 乗船料:3,000円(税込み、ランチボックス付き)
 最大乗船人員:13名
 運航時間:1時間(社長の気分がいいときには延長も?)
 予約:十和田湖マリンブルー 0176-75-3025

この他、2名以上であれば、
ワンドリンク付きで随時、40分間の湖上遊覧クルーズ 2,000円もあります。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅