まるごと青森

ちょい旅 大鰐3

ちょい旅 大鰐

グルメ | 2006-10-11 19:24

贅沢なひとときでした。

昨日は、取材の同行で大鰐へ。
古くから津軽藩の奥座敷であり、キッチンガーデンでもあったこちらの特徴を一言で言えば、「湯元」。
その豊富な湯を熱源に使って作られた「温泉醸造味噌」のマルシチさんへお伺いしました。

ちょい旅 大鰐

ちょうど味噌の仕込みの最初の作業となる米麹づくりの真っ最中。
巨大な大釜から炊きあがったお米を敷き並べ、麹菌をつける作業が行われていました。

そして、マルシチの中で津軽産大豆オオスズ100%の温泉醸造みそとあの「温泉もやし」とでお味噌汁を作っていただき、堪能。

ちょい旅 大鰐1

も~うっ、堪えられません。
豆もやしのあの風味とお味噌と煮干しのやさしい味。
独特のシャキシャキ感と油揚げにしみ込んだみそ汁の味。
「まだまだあるよ」との声に、お客様に謝りつつ、やさしく見守られつつ2杯目、3杯目と・・・。(笑)

不思議なことに、豆もやしと油揚げのみそ汁の組み合わせ、それはそれで最高のご馳走なのですが、なんか物足りないと思ってしまうワタシ。
それを確かめようと4杯目、5杯目と盛りに行くと・・・、ああっ!

足りないと思ったのは「とろろこんぶ」。
大好きな組み合わせなのに、しばらく食べていない。
欲しくて、試したくて、向かいのスーパーに買いに行こうと思うほど。

そんなこともありつつ、お客様を見送り、遅いお昼。
大鰐に来たら、いこい食堂。

ちょい旅 大鰐2 ちょい旅 大鰐3

創業昭和4年の煮干し味。
日景食堂も山崎食堂なども候補でしたが、超ご近所だったのでコチラで決定。
懐かしの中華そば味。ポクポクしたような手打ち麺。
みそ汁の飲み過ぎもあって、完ツユだけは我慢しましたが、それでも結構なくなっていました。

ちょい旅 大鰐4 ちょい旅 大鰐5

湯魂石薬師堂の湯気がいよいよ見えるに秋を感じつつ、大円寺の前を通り過ぎ、大急ぎで青森市に戻ってくるホントの「ちょい旅」でしたが、とっても心も体もホカホカするような感覚の時間を楽しめました。
夏とは違った感覚。
感じ方も秋になってきました。 byなおき

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ