まるごと青森

twitter facebook rss
むつ食品の「チキンカツ」

むつ食品の「チキンカツ」

グルメ | 2007-05-21 14:40

高校の購買に出して26年。 今や八戸市民のソウルフード!

先日の八戸の続き。
以前より八戸の知人からコチラの話を聞いていて、行きたく行きたくてチャンスを伺っていた「チキンカツ」のむつ食品にようやく行けました。

むつ食品の「チキンカツ」

場所は八戸ICを降りて田面木の通りにぶつかったT字路角。
むつ食品は、総菜センターと小売店舗が一つになったところ。
そして、チキンカツはまさに、「一見パンを思わせるおいしいお総菜」。

早速、喜び勇んで入店。
入るやいなや「チキンカツ」「お好みフライ」「グラタンフライ」「メンチフライ」・・・・、と話に聞いていた品々の実物が一列に並んでいます!

むつ食品の「チキンカツ」

きっちり油で揚げ、ビニール包装され、ファンキーなラベルが入った品々。
う~、早く食べてみたいっ! はやる気持ちググッと押さえるワタシ。

お店の方にお話を伺うと、今から26年前に八戸高校の購買に出したのが高校の購買デビューだったとのこと。その後、各学校の購買にも置かれるようになり、40才前の方なら大抵食べたことのあるものになっていったといいます。

とにかく当時から人気のあったのが、「チキンカツ」。
そして、男子生徒には「メンチカツ」。女子生徒に人気があったのが「グラタンフライ」なのだそうです。
平日でも1000個以上作り、多いときには2000~3000個も作るというこれらのフライ。
隣の総菜センターで20名のスタッフがこれにあたっています。

現在でも八戸市内の高校10校に置かれ、旺盛な食欲を満たす重要なツールとなっていますが、昔食べたあの懐かしいチキンカツを求めて、子ども連れで大人が買いに来たり、帰省の途中大量に買っていく方がいたり、と八戸のソウルフードを感じさせるエピソードには事欠きません。

さらに店内には、手づくりのお総菜がたくさん並び、そそらせます。
今話題の「八戸ジャジャメン」もありました。

むつ食品の「チキンカツ」

盛岡はうどんでジャジャメン。八戸は中華麺でジャジャメン。
給食にもあったほどのようです。
そして以前ご紹介した「沖野商店の煮卵」もありました。

むつ食品の「チキンカツ」

さらに、こんなものまで!

むつ食品の「チキンカツ」

ワタシも左から順番にひととおり購入!
公園のベンチで試食会です。

チキンカツ。 オーグッジョブ!
中にキャベツ。このしっとり感。あっさり味を楽しんでいたら、いよいよチキンの登場。
ガツンとくる揚げ物なのに中はあっさりうまい。
これなら毎日でもOK、OK。

次は、お好みフライ。

むつ食品の「チキンカツ」

ブラボー。ワタシ好み!!!
このジャンクさ加減、もうサイコー!!!
お好み焼きっぽい中味にソースがしみ込んだフライころも。 完璧です(笑)

最後に、メンチフラ~イっ!!
ウルトラうまい! この粗挽き肉にソースころも。うまいったらありゃしない。
八戸のS君は高校の時に、これを左手、持ってきたおにぎりを右手にして、お昼にしていた、というものこれなら納得。
このメンチカツ、なかなかのヤツで、そのままで食べても、パンに挟んでも、おにぎりでもOKの優れもの。
たった3個でこんなに感動してしまうワタシ。
(次の日食べた「グラタンフライ」もうまいうまい。)

スゴいアイテムたちでした。
もっと早く食べておけば良かったな、とちょっと反省でした。
でも、八戸ジャジャメンは完食できました。もう満腹です(笑)

むつ食品の「チキンカツ」

byなおき

<メモ>
むつ食品ストア
八戸市田面木ヱヒサ沢1-69
Tel 0178-44-4819
営業時間:7時30分~20時30分
※日祭7時00分~19時30分
フライのメッカ:チキンカツ・お好みフライ・グラタンフライ・メンチフライ

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅