まるごと青森

twitter facebook rss
弘前スイーツ4 ~アンジェリック~

弘前スイーツ4 ~アンジェリック~

グルメ | 2007-07-09 08:21

どこまでも美しく Angelique

優雅でハイセンスなお店として、スイーツのまち弘前の市民にすっかり定着したアンジェリック。こちらは弘前市の山道町と国道7号を結ぶラベンダーが美しい「北大通り」にあります。

弘前スイーツ4 ~アンジェリック~

白く輝く素敵な店舗に入れば、エレガントなショーケースの中にまるで宝石が輝いているかのようにケーキがキラキラしています。

anjeriku2

(↑写真左から 自家製パイナップルコンポートを使ったココナッツ風味のケーキ「アナナ・ココ」 桃の時期だけの限定「桃のタルト」 カスタードクリームに包まれた苺がサンド「フレジェ」)

パテシエの一戸さんは、北津軽郡旧小泊村の和菓子店に生まれ、いつかは青森県で一番の菓子店を作りたいと、洋菓子を学ぶため、東京へ、そしてフランスへと渡ります。
30才までにはお店を持ちたい、と大いに励み、2000年に「アンジェリック」をオープン。
フルーツを着飾ったバツグンのデザインセンスと品質でスイーツ店がひしめくここ弘前を舞台に新しい風を吹かせていきます。

anjeriku3

(↑写真 タルトフリュイ)
カットケーキはもちろんですが、このホールケーキにも人気があります。
「いちごがてんこ盛りのケーキありますか?」と電話で確認されるほどたっぷりのフルーツが美しく飾られたホールはアンジェリックの顔にもなってきています。

一番人気はシュークリームですが、パイやデニッシュにも定評があり、ケーキを見ているかのような美しさです。

anjeriku4

(↑写真上から時計回り 「アップルパイ」 新商品「弘前レトロパイ」 「アプリコットデニッシュ」 「ベリーのデニッシュ」)
もちろんサクサクの生地の中にしっとりとクリームがあったり、アプリコットの風味だったりと味の印象もいろいろです。

そして2階にはイートイン。

anjeriku5

店主が好きな銀座のお気に入り店のようなイートインにしたい、とたくさんのアイデアを詰め込んだ空間になっています。
窓のない空間に間接照明と赤が眩しいおしゃれな空間です。
こちらでは1階のお店のケーキが食べられるのはもちろんですが、イートインでなくては食べられないスイーツがあります。
・・・それは、   「パフェ」!!

anjeriku6

食べて壊すのがもったいない、そんな素敵なスイーツでした。
byなおき

場所弘前市野田1-3-16
TEL0172-35-9894
時間時間: 9時30分~19時30分
店休日: 無休

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅