まるごと青森

twitter facebook rss
ふるさとのやさしい甘味 「津軽飴」

ふるさとのやさしい甘味 「津軽飴」

特産品・お土産 | 2007-08-27 09:07

このまん丸いブリキ缶に見覚えはありませんか?

tsugaruame

昔はどの家にもブリキ缶に入った津軽飴があり、
飴を食べきった後のブリキ缶は、
子供の宝箱になったり、祖母の裁縫道具入れになったり・・・(笑)。
特に使い道がなくても、なかなか捨てられなかった記憶があります。

さて、青森には「津軽飴」と呼ばれる食べ物があります。
津軽飴は一般的に言うところの”麦芽水あめ”。
澱粉を麦芽でゆっくりと糖化させ、
それを絞って煮詰めてつくる天然の甘味料です。

tsugaruame2

戦後の食糧難時代から、
もともと使われていた米に代わってイモの澱粉を用いるようになりましたが、
麦芽で糖化させるこだわりの製法は今も昔のまま。
聞くところによると、今は酸や酵素を使って糖化させている水飴が多いのだそうです。

津軽飴の老舗「武内製飴所(青森市)」は安政5年の創業。
富山出身の初代は津軽藩に使えた武士で、
二代目が「柳屋」を名乗って商人に転じ、
三代目から水飴をつくる菓子屋となりました。
それ以来、
やわらかいソフトタイプやプラスチック製の壺入りなど、
商品ラインナップを増やしつつ、
昔ながらの津軽飴を守り続けています。

tsugaruame3

津軽飴は当初「曲げわっぱ」に入っていたのだとか。
わっぱが手に入りにくくなった昭和37年頃から現在のブリキ缶に切り替わったと八代目武内喜兵衛こと勇一(70才)さんが教えてくれました。

ふるさとのやさしい甘味 「津軽飴」

未精製ならではの特有の風味とやさしい甘味。
「せんべい」に塗ったり、割り箸でぐるぐる巻きにして食べた記憶しかありませんが、最近は、砂糖代わりに料理やコーヒーに利用する方が増えているのだそうです。
懐かしくておいしい津軽飴は、アスパムや青森空港、おみやげ屋さんなどで手に入りますよ。
by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACOラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅