まるごと青森

twitter facebook rss
『黒石やきそば 東京で食べる』の巻(その2) ~つゆ焼きそばも登場!!

『黒石やきそば 東京で食べる』の巻(その2) ~つゆ焼きそばも登場!!

グルメ | 2007-12-17 15:20

10月に、東京で「黒石焼きそば」を食べられるお店をご紹介しました。
12月になり、カップ麺の「つゆ焼そば」も発売されたのですが、
カップ麺じゃない「つゆ焼きそば」が食べられたらいいなと思っていたら、
東京で「つゆ焼きそば」が食べられるお店ができましたよ。

『津軽らぁめん ねぷた屋トミちゃん』
都営新宿線篠崎駅のそばにあるラーメン屋さんです。

neputaya

店主の須藤満仲さんは、黒石市中郷出身。彼は、本物を知る男でした。
なんと、つゆ焼きそばが生まれた店といわれる「美満寿(みます)」に
通っていたのだそうです。
当時の美満寿は、不良のたまり場だったそうで、不良だった(?笑)須藤さんも
美満寿に行っては、いつも、つゆ焼きそばを食べていたそうです。
普通の焼きそばもあったんでしょう?と聞くと、「不良は、つゆ焼きそば」と
決まっていたのだとか(苦笑)。

『黒石やきそば 東京で食べる』の巻(その2) ~つゆ焼きそばも登場!!

須藤さんの作る「つゆ焼きそば」は、昔食べたとおりという
玉ねぎともやしが入ったもので、お肉は入っていません。上には、天かすと長ネギです。
麺は、黒石の三福製麺のものですが、ソースは須藤さんのオリジナル。
スープは、お店の看板、津軽らぁめん用の鶏と煮干しベースのスープです。

須藤さんは、上京してから、会社勤めをしながら
「40才までに自分でラーメン屋をやりたい」という夢を実現させるために、
夜間学校に通って調理師免許を取ったり、ラーメンの試作をしたりと苦労を重ねて、
今のお店のある篠崎の隣の駅「瑞江」に最初のお店「青森しなそば トミちゃん」を
開きました。
3年前に篠崎に移り、「津軽らぁめん ねぷた屋トミちゃん」の看板で営業しています。
店内には、須藤さんが書いた(!)ねぷた絵がたくさん飾られ、
カウンターにもねぷたの写真が入れてあったりと、故郷黒石を愛する須藤さんの心意気が伺えます。

neputaya3

お店の看板、津軽らぁめんも、鶏と煮干しベースのスープがうれしいし、
「つゆ」が入っていない黒石焼きそばも、もちろんあります。
おつまみメニューには、「津軽漬」もありました(笑)。
カップじゃない「つゆ焼きそば」が食べてみたいという皆さま、
ぜひ行ってみてくださいね。
byひろぽん
    
neputaya4

津軽らぁめん ねぷた屋トミちゃん
場所東京都江戸川区篠崎町2-408-18
最寄り駅: 都営新宿線 篠崎駅
TEL03-5243-1035
時間営業時間: 11:30~14:00 17:30~24:00
定休日: 月曜

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅