まるごと青森

twitter facebook rss
種差海岸 「磯ラーメン街道」

種差海岸 「磯ラーメン街道」(1)

グルメ | 2008-03-21 13:40

まずは、「磯ラーメン事始め」

ワタシが八戸に住んでいたときにある意味カルチャーショックだったのが、いくつかありました。
・・・例えば、
 とにかく八戸の方はよく「せんべいを食べる」。
 しかも、みんなお気に入りのせんべい店がある。
 そして、イカが普通に「箱売り」されている。
 しかも安くて、新しくて。
 こんなにいっぱいのイカをみんなどうするんだろうな、と思っていたら、
 干してみたり、塩辛にしてみたりとホント、八戸の方はイカをよく食べます。
 さらには、道ばたでとにかく魚を焼いていて、いろいろなところで「お総菜」が売られている。
 もうびっくりでした。
八戸の方にこんな話をしても、それが普通なので、ワタシの驚きはなかなか共感できないでいました。

その驚きの中の一つにこの「磯ラーメン」がありました。

種差海岸 「磯ラーメン街道」

最初にいただいたのは、階上町の小舟渡。
澄んだスープの中に沈む麺。
その上には「うに、貝類、そして青じそ」。
うまみ・風味・品のあるコク。
最後の一滴までいとおしくなる。

最初にいただいたときのあの感動は今でも忘れられません。
こんな贅沢でおいしくて、いいんだろうか! それぐらいの感動でした。

これから、この磯ラーメンのお話を少しずつ書いていきたいと思っています。
まずは、事始めから。

webを見ても全国にその名が分布されている「磯ラーメン」。
磯ラーメンのルーツについては特に文献等が見つけられないでいますが、海沿いの食堂等が地元で獲れる特産のものを温かいラーメンに入れたいと試行錯誤したものであることには違いありません。

種差海岸 「磯ラーメン街道」

しかし全国の中でも圧倒的に密集度が高いのがここ三陸海岸。
三陸とは「陸奥」「陸中」「陸前」と陸奥国を3つに分けたのを総称した呼び名です。
三陸海岸は海岸距離がとても長いのですが、その中でもこの磯ラーメンの態様を分類をしていくと、おおよそ左のような図になっていきます。

八戸から久慈までの間がおいしいキタムラサキウニの大産地ならではで「うに系」。
宮古に入るとカニなどがたっぷりと入った豪華海鮮系になっていきます。
そして南三陸に入ると気仙沼では、貝類海草系の磯ラーメンになり、石巻に入るとまた「うに海草系」に。
そこから南は透明な潮スープから、醤油ベースに。
トッピングも豪華系からシンプル系に魚貝から海草系にかわっていきながら、お値段も通常のラーメン価格になっていきます。

このような分布の中で特に磯ラーメン店の密集度が高いのが、ここ「種差海岸」。
もともとコチラの浜料理にはウニとアワビを鍋いっぱいに満たしたところに塩水だけで軽く煮立てた「いちご煮」と呼ばれる郷土料理があります。
うにとアワビからのエキスがほとばしるうま味。
青じそのさわやかさ。
大量に獲れてまだまだ安かったうにやあわびで親たちが作ってくれたいちご煮は種差海岸の人たちの脳裏にしっかりと刻まれている味。
遺伝子に組み込まれたこの味こそ種差海岸の磯ラーメンのボディそのものです。
この磯ラーメンは種差海岸に集中し10軒を越えます。
これから少しずつこの磯ラーメンをご案内していきます。
byなおき

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅