まるごと青森

twitter facebook rss
酒菜 調製 嘉一 (さかな ちょうせい かいち)

酒菜 調製 嘉一 (さかな ちょうせい かいち)

グルメ | 2008-04-17 12:18

青森のお魚はやっぱりウマイ。

先日、用事があって青森市内の日銀と市役所の間にあるラプラス青い森に。
通りながら、気になっていた「調製」という文字のある看板。
不思議なこの「調製」の言葉に続く「嘉一」という人物らしい名前。

帰りにもここを通りかかり、目をやると、メニューボードがあり、
おお~っ、まさに「酒菜」らしいメニュー名が並んでいます。

酒菜 調製 嘉一 (さかな ちょうせい かいち)

なんかとってもおいしそうな名前も並んでいて、こりゃ行かなきゃ、と
時間をあらため、仲間を募り、お店の中に。

メンバーを待ちながらメニューを見てたら、お造りはもちろん、ガーリックポークの焼き物があったり、豚の角煮があったり。
と、目に止まったのが「イカタココロッケ」(650円)
伺うと、いかとたこをメンチにしたコロッケ。
うまくないはずがない。

酒菜 調製 嘉一 (さかな ちょうせい かいち)

やっぱり!(笑)
このゆで卵のトッピングがいかたこハーモニーにコクを添えてます。
数切れに分かれてて、そのブロックを大口開けてあぐっ、あぐっとやってたのを後悔するほど、噛めば噛むほどに滋味が溢れてきます。
もちろん、あっという間に完食。おかわりです(笑)

お造り登場。

酒菜 調製 嘉一 (さかな ちょうせい かいち)

奥に整列するピンク色のこいつ。
ノックアウトでした。

モウカザメのハラスです。
まだまだ経験の少ないお刺身人生ですが、その中でかなり上位に食い込むうまさでした(笑)
あの食感、香り、口に含んだときのほとばしる旨味。
皮部分に近い方にちょっとコリッとしたところもあったり、噛めば噛むほどにその甘さと美味さを感じ取れる逸品。
千切りのミョウガと生姜を巻いてお召し上がりくださいと言われるがままに食べましたが、旨味がバチンと来るのでこの取り合わせがグッと品のよいものにさせてくれます。

ホタテや長芋などを白身で練り上げた自家製さつま揚げにはホタテの子も入っていてうまいうまい、と食べていましたが、お造りでノックアウトしてしまい、そのあとの写真がありません(笑)

酒菜 調製 嘉一 (さかな ちょうせい かいち)

こちらの「調製」とは、素材には一手間を加えるんだ、醤油ひとつとっても手間を惜しまないんだ、と材料を「調べて製す」という志を表したのだとか。

酒菜 調製 嘉一 (さかな ちょうせい かいち)

↑御亭主の長内さん

ランチもやってるんですよ、と言われ、ノブchanたちは翌日のランチ用にその場で700円のお弁当を予約。

酒菜 調製 嘉一 (さかな ちょうせい かいち)

翌日彼らからとても700円とは思えないおいしいおいしいお弁当でした、という連絡。
だって、天ぷらでしょ、焼き魚でしょ、焚きものでしょ、さいこ-っすよ、という話。
限定12個のランチのお弁当なので予約なしだと厳しい競争率の中にさらされるのだとか。
未食のワタシは予約かな?
※予約なしでも、茶そば定食650円、煮魚定食700円など各種あるようですよ。
byなおき

<データ>
酒菜 調製 嘉一 (さかな ちょうせい かいち)
住所:青森市中央1-1-10
電話:017-777-2555
時間:お昼11:30~13:30
    夜17:00~22:00
休み:日曜、祝日(不定休)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅