まるごと青森

twitter facebook rss
「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能1

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能

グルメ | 2008-08-18 20:40

青森県の西海岸は夕陽が美しいことで知られています。

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能

そこへ世界遺産白神山地の伏流水が流れ込むため、
西海岸は新鮮な魚貝類の宝庫となっています。
そして夏に旬を迎えているのが「さざえ」。

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能1

ということで、先日、深浦町の「広〆」に出かけてきました。

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能2

ここのお店は地産地消をモットーに、
新鮮な魚貝類を深浦漁協から仕入れてお料理を出しています。
とれたて作りたてをモットーにしているため、
お客様が来てから調理してくれます。

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能3

「さざえちらし」を注文し、窓から五能線を眺めながら、

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能4

待っているとさざえの丼が登場!!

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能5

おお~、さざえがビッシリ~と感動していると、
「あと定食持ってきます」という言葉を残して厨房へ戻る女将さん。
「!?」と思っていると、なんと「さざえちらし」には、
柳ガレイの唐揚げ、つるつるワカメ、味噌汁などが付いていたのです。

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能6

日によって、付け合わせは違うそうですが、
付け合わせとは思えないビックな柳ガレイ。
丼なしでも、「柳ガレイの唐揚げ定食」と言われても、
アリって感じのボリュームで、お値段1,600円!!

さて、本題のサザエにお話しを戻しますと、
注文があってから、裁いてくれる深浦の磯の活さざえは、
強烈な歯応え!!
ゴリッゴリッと顎を使って噛むと、口の中に磯の香りが
ふわ~っと広がります。
しかも、大きいさざえ約4つ分と太っ腹です。

いくら丼定食(1,600円)にだって、さざえが付いてきます!!

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能7

定食をいただき満腹状態なお腹に、別腹でお刺身も!!

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能8

特に近海のまぐろは、その名のとおりトロっとしていて、
お口でとろけちゃいます。
女将さん曰く、「近海のまぐろは、日本で二番目に美味しいって言われているんですよ」とのこと。
二番目というのは、大間のマグロの次ってことなんですけど、
本当に納得の旨さと口どけ。

お昼過ぎにお邪魔したのですが、
カウンターでは、刺身を肴にビールを楽しむ常連さんが。
声をかけてみると、「昼間っから飲めて良い店だよ。
月に1回は昼からこうして飲んでいる」ということでした。
日本海の恵みを肴に、昼からお酒というのもお洒落な過ごし方だな~
とうっとりしながら、店を後にしたのでした。

「広〆」の「さざえちらし」で夏堪能9

残りわずかな夏を西海岸の海の幸で堪能してみてはいかがですか。
by Kuu

《広〆》
深浦町大字深浦字岡崎146-2
tel 0173-74-2255
11:00~21:00 無休

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅