まるごと青森

twitter facebook rss
温泉×味噌=おいしい懐かしい ~マルシチ温泉醸造味噌4

温泉×味噌=おいしい懐かしい ~マルシチ温泉醸造味噌

特産品・お土産 | 2008-09-10 15:38

味噌。
かつてはそれぞれの家庭でつくられ、その味を自慢したことから「手前みそ」という言葉が生まれたように、日本の文化と深~い関わりを持つ調味料です。
今でも味噌汁に、お鍋に、きゅうりのお供に…と食卓には欠かせない味噌ですが、そういえばどんなふうに造られてるのかな…

ということで今回は、日本で唯一、温泉醸造の味噌を造っている大鰐町の津軽味噌醤油(株)(通称「マルシチ」)さんに、“社会見学”に伺ってみました。

まず立ち寄ったのが事務室。
…お、「みそのできるまで」ですか。いきなり良い雰囲気ですネ。
なるほどー、こうして味噌は造られるのですね。勉強になりますφ(.. )メモメモ

温泉×味噌=おいしい懐かしい ~マルシチ温泉醸造味噌

お邪魔した日はちょうど米麹を作るための仕込みの日。
とても雰囲気のある階段を上っていくと巨大なお釜が!蒸しているお米の量は1.2t!
実はお釜の能力はもっとあるそうですが、一度の仕込み量が増えると品質管理が難しくなるそうです。

温泉×味噌=おいしい懐かしい ~マルシチ温泉醸造味噌1

(写真は蒸し上がったお米を釜から取り出している様子。暑…いや、熱そうです!)

お米が蒸し上がったら適温まで冷まして、タネ菌を加えて47~48時間。
その後はもう一方の主役、蒸した大豆と塩を加えて、“温泉醸造”の所以である温醸室へ。
コンクリート製のタンクの間を温泉が入ったパイプが通っており、白味噌なら2ヶ月ほど、赤味噌なら4ヶ月弱ほど寝かせます。

温泉×味噌=おいしい懐かしい ~マルシチ温泉醸造味噌2

温泉の力で通常より熟成が早まるわけですが、その一方で、温泉の熱によって味・香りを高める働きをする菌が発生しているのだとか。うーん、不思議…

マルシチさんでは、津軽産の大豆(おおすず)100%使用という、原料にもこだわった味噌も造っています。おおすずは味噌・醤油の原料としてはもったいない、と言われることもあるほど、風味の良い大豆だそうです。

さて、こうして造られる温泉醸造味噌。
随所に人の手が入るため大量生産はできませんが、その分、関わる人の想いが込められているのかもしれません。見学した後に食べた”焼かない、具もない”味噌おにぎりが、どうしてあれほど美味しかったのか…

温泉×味噌=おいしい懐かしい ~マルシチ温泉醸造味噌3

建物もお味噌も、なんだかとても懐かしい“味”がある。
100年の歴史を重ねたこの場所で、昔と変わらないお味噌がずっと作り続けられることを願わずにはいられませんでした。

by くどぱん!

※マルシチさんの温泉醸造味噌は、飯田橋にある青森県のアンテナショップでも購入することができます。津軽大豆100%使用のものはラベルに表示がありますので、ぜひ一度味わってみてください(^_^)b

温泉×味噌=おいしい懐かしい ~マルシチ温泉醸造味噌4

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅