まるごと青森

twitter facebook rss
西海岸の満天星と漁り火3

西海岸の満天星と漁り火

観光スポット | 2008-09-16 15:49

先週、不老ふ死温泉の海鮮の魅力をご紹介させていただきましたが、
今回は、夜の魅力!!
不老ふ死温泉は海辺の高台にあるため、全ての客室から
海を眺めることができ、夕陽はもちろん、漁り火に出会うこともできます。
「西海岸は夕陽」というイメージが強いですが、
実は夜も素敵なんです。

ほっぺが落ちるほどの美味しい御食事で満腹状態になったあとは、
夜のお散歩。

西海岸の満天星と漁り火

テクテクと椿山方向に歩くと、静かな闇が深くなってきます。
するとびっくりするような満天の星空。
天の川は当然、1時間の間に流れ星を7つも見ちゃいましたよ☆

西海岸の満天星と漁り火1

そして、目線を下におろすと、漁り火が・・・。

西海岸の満天星と漁り火2

燃料高でなければもっと見えるのでしょうか!?
それでも充分な数の輝きです。

今回の旅では、満天星と漁り火のコラボを
シャッターにおさめることができました☆

西海岸の満天星と漁り火3

深浦町は本当に星が綺麗!!それもソノハズ。
深浦町は旧深浦町と旧岩崎村が合併してできた新しい町。
旧岩崎村は、「澄んだ星空日本一」(平成12年度環境省)に
選ばれています。
日本一の星空の下には水平線に落ちる小さい夕陽のように、
間隔を開けて見えます。

でも、これ以上の漁り火があるんだそうで。
それは3月~4月の漁り火。
海が穏やかであれば、間近でヤリイカの棒受網漁の様子が見れます。
棒受網とは、船の両端に灯りをともした棒をつけ、
その光に寄ってきたイカを網ですくうイカ釣り方法。
その時期はヤリイカが産卵のために岸付近まで来るため、
それを目当てに岸から100mくらいのところで漁をします。
船は500m間隔くらいで漁をしますが、旅館の目の前で
漁師が網を引き上げる様子や箱に詰めている様子など
手元まで肉眼で見ることができるんです。
旅館の客室の窓からと椿山から見るのがベストポジションだそうですよ。
ということで、お魚が美味しく、漁り火も綺麗な冬から春も穴場ですね。
by Kuu

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅