まるごと青森

twitter facebook rss
今年こそ、一升漬が。

今年こそ、一升漬が。

グルメ | 2008-10-08 17:44

一昨年から作り始めた「一升漬」。
昨年仕込んだのが、10月10日だったので、
今年も10月になったら・・・と思っておりました。
↑なんの根拠もありませんが(笑)・・
しかし、10月に入った古川の市場では、青唐辛子の姿を見かけない。
葉っぱと一緒だったり、もう赤くなっている唐辛子だったり。
今年の青森は、9月になっても暑かったから、
唐辛子も早かったのでしょうか?
気を取り直して、青森市羽白にあるJAあすなろの直売センターに
行ってみたら、ちゃんとありましたよ。よかった、よかった。
市場も直売所も、両方あるのが青森のいいところです。

私の今年の目標は、
①辛い一升漬を作る
②たくさん作る

『辛い一升漬』というのは、去年のがあまり辛くないから。
食べやすいといえば、食べやすいけど、おととしの辛さと比べると、
ちょっと物足りない感じなのです。これから辛くなるのかな?
『たくさん作る』は、自分が食べるのももちろんですが、
少しずつおすそわけしたりしてると、なくなっちゃうから。
ベテランの皆さま方は、「5年もの」とか「7年もの」というのを
お持ちのようなので、私もまねっこしたい(笑)

で、辛いのを作るためには、
当然青唐辛子が辛くないといけないわけですが、
カラい青唐辛子の見分け方がわからない・・・と
買いに行って気がつきました。
JAあすなろの直売センターには、2人の生産者の青唐辛子があって、
見比べた結果、「小ぶりで色の濃いほうが辛いだろう」と判断し、
蝦名日出子さんの青唐辛子を購入しました。
本当に辛いかどうか?は、出来上がるまでお楽しみです。

今年こそ、一升漬が。

「たくさん作る」は、お徳用の大きな袋入りの麹を用意したのに
足りなくなって、追加で買いに行ったくらい。
醤油も1リットル以上使ったので、1升を超えたはず。
3回目にして、初めて「一升漬」となりました。
ちょっと作りすぎたかも・・・(笑)

今年こそ、一升漬が。1

去年、おまけで作った「青唐辛子のしょうゆ漬」
(=麹の入ってない一升漬)を食べてみたところ、
1年たったこちらはストレートな辛さの仕上がりでした。
餃子を食べるときに、これにさらに黒酢とラー油を
入れるのがオススメかな。
麹が入っていない分、餃子の具の味を引き立てるような気がします。

今年のおまけは、「青唐辛子のニョクマム漬」を作ってみました。
タイ料理やベトナム料理を食べに行くと、テーブルにあるあれです。
どのくらい漬けておけばいいのか?よくわからないけど、
これも、ちょっと楽しみ。

一升漬ベテランの皆さま方、
「なるべく辛い一升漬」の作り方、知ってたら教えてくださいね。
byひろぽん

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅