まるごと青森

twitter facebook rss
人間・太宰治を身近に感じられる場所 ~新座敷(疎開の家)

人間・太宰治を身近に感じられる場所 ~新座敷(疎開の家)

観光スポット | 2009-01-22 07:38

今年最初の当ブログでも触れていますが、今年は太宰治の生誕100周年にあたります。
青森を舞台に著した小説としては「津軽」が最も知られており、その足跡をたどって青森を訪れてくれる人も少なくないと思います。

そんな旅でどうしても外せないのは太宰の生家「斜陽館」ですが、そこからほんの200mほど離れた場所に、終戦間際の7月から翌年の11月まで太宰が疎開し、住んでいたという「新座敷」があります。

人間・太宰治を身近に感じられる場所 ~新座敷(疎開の家)

この「新座敷」はもともと太宰の兄・文治さんの結婚を機に、大正11年、斜陽館から棟続きの形で建てられました。その後、太宰が亡くなった直後くらいに津島家は斜陽館を手放すこととなり、それに伴って文治さんの妻子の居宅とするため、曳家(ひきや)されて現在の位置に移されたのだそうです。

さて、”疎開の間住んでいた建物”と書きましたが、実は疎開に来る前に書かれた短編、「故郷」で既にこの建物は登場し、二つの部屋の描写がされています。
一つは、病に伏せった太宰の母と対面する部屋。”離れの十畳間”とあるように和室ですが、小説では大きいベッドが置かれていたとあります。

もう一つは洋間。こらえ切れなくなった太宰がそっと部屋を出て「今涙を流したらウソだ」と、ぐるぐる歩き回った部屋です。小説に書かれている椅子も絨毯も現在はありませんが、そのとき太宰が寝たソファはそのまま残っています。

人間・太宰治を身近に感じられる場所 ~新座敷(疎開の家)

左が離れの十畳間、右が洋間。小説ではソファに豹の敷物が敷かれていました

そんな小説の舞台となった部屋もあれば、そうではない、疎開時の太宰の純粋な生活の場となっていた部屋もあります。

玄関。太宰はどんな声をかけて外出を告げ、帰宅を知らせ、お客を迎えたのでしょう。

人間・太宰治を身近に感じられる場所 ~新座敷(疎開の家)

一家が居間として使っていた部屋。寝起きしていた部屋。寄せ木造りや鶯張りの廊下。
家族と日々どんな会話を交わし、何を喜び、何を心配しながら歩いたのでしょう。

人間・太宰治を身近に感じられる場所 ~新座敷(疎開の家)

そして最も気になる仕事部屋。
疎開している間に太宰は「パンドラの匣(はこ)」など、22の作品を手がけたといいます。

人間・太宰治を身近に感じられる場所 ~新座敷(疎開の家)

自ら”猫背”であったという太宰は、やっぱり少し背中を丸めて、ここに座って小説を書いていたのでしょうか?

…なんだかどんどん想像の翼は広がり、あっという間に時間が過ぎてしまいそうです。
これらはむしろ、小説に描かれていないからこそ、自由に想像を広げられる場所であるのかもしれません。

人間・太宰治を身近に感じられる場所 ~新座敷(疎開の家)

そしてもうひとつ、この建物の案内をしてくださる白川さんのお話もまた、嬉しい要素です。
ここで紹介してしまっては楽しみがなくなってしまいそうなので書きませんが、ますます太宰が身近に感じられること請け合いです。
…いえいえ、決して意地悪で書かないのではありませんよ(笑)

文人として活躍していた人間・太宰を感じられる場所、新座敷。
もちろん斜陽館も太宰を語るうえで見るべき場所ではありますが、それだけを見て帰るのはあまりに”もったいない”と思える、とても雰囲気のある場所です。
by くどぱん!

○「新座敷」見学
 五所川原市金木町朝日山317-9
 tel.0173-52-3063
 案内料:500円
 ※新座敷に隣接する「京染の白川」が連絡先です。(店長白川公視さんのブログ)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメン野菜居酒屋・バーアクティビティ津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だしスイーツ魚介種差海岸お土産寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートまち歩き肉・卵十和田湖蔦沼八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館伝統工芸田んぼアートマグロ新緑イルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然郷土料理三味線ご当地弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀ツアー歴史・文化紅葉弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣り自然アートランチ八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコードグルメ岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩食堂弘前毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪ヒバブナコ太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク鉄道津軽温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆りんご三内丸山遺跡白神山地自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラスねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理果物山菜・きのこウニ缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはんカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡カンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理お酒寿司カレーおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅