まるごと青森

twitter facebook rss
開源堂 川嶋

ひろさきさくらスイーツ3 ~開源堂 川嶋~

特産品・お土産 | 2009-04-14 17:48

弘前の桜、なんだかGWを待ちきれないといった感じになってきちゃいましたね♪
弘前公園のお堀の桜もポコッと♪

開源堂 川嶋

ということで、今日もさくらスイーツ♪
今日ご紹介するのは、弘前市の老舗店「開雲堂」で修行をされた初代が大正14年に創業した開源堂川嶋のお菓子。

開源堂 川嶋

現在の店主は3代目。昔ながらの伝統と製法を受け継ぎつつ、新しい素材を取り入れたお菓子作りに挑戦されています。

まずは創業当時からある「春華だんご」。

開源堂 川嶋

春らしい彩りのこのお団子は、創業当時からアレンジしながら続けているこの時期の定番。
一口サイズを2個ずつ串に通した食べやすくて可愛らしい花見団子です。
餅は、こし餡、粒餡、西京味噌餡、胡麻餡、桜餡、黄味餡の6種類の餡を使用した求肥餅で、ピンクには白餡ベースの桜餡、黄色には黄味餡、緑にはゆず餡、茶色には小豆のこし餡、黒には胡麻餡が入っています。
焼いた餅米を砕いたものをまぶしているので、香ばしさがお口いっぱいに広がります。

続いては、「桜便り」。

開源堂 川嶋

3年くらい前からこの時期に店頭に並んでいるおこわ饅頭。
赤飯饅頭を上用饅頭の生地で包み、桜を乗せて蒸したお菓子。
弾力ある食感が楽しめるこのお菓子は、津軽地方で赤飯が甘いことにも通じているのでしょうか。

そして、「お花見ぜんざい」。

開源堂 川嶋

昨年から発売されている葛粉と寒天と蕨餅でできているぜんざい。
白餡ベースの桜風味の餡豆腐の上に、粒餡、白玉と層になっていて、桜の花びらがアクセントとして添えられている優しい甘さの爽やかなお菓子♪
冷やしていただくとホント、さっぱり♪

そして、通年商品もおひとつご紹介しましょう、「古都の散歩道」♪

開源堂 川嶋

ピンクに染めた桜風味の白餡をダックワーズの生地で包み、粉糖をかけ焼き上げたお菓子。

そのほかにも沢山の季節のお菓子が並んでいますが、甘さは昔に比べると控えめに、そして、添加物を使わずに自然素材で工夫をされているそうです。

古都弘前の桜は当然綺麗で楽しみですが、既に花より団子モードのスイッチが入っちゃってます♪
by Kuu

《開源堂 川嶋》
弘前市品川町15
0172-32-8556
9:30~19:00
定休日:日曜

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅