まるごと青森

twitter facebook rss
田代平湿原

「つじい」で中華そばとみつかけ食べて、田代平湿原へ

観光スポット | 2009-06-23 11:27

日曜日、ちょっと見たいものがあって八甲田方面へ。
まずは、「つじいの餅屋」でお馴染みの「つじい」で腹ごしらえ♪
つじいは幸畑にある通称「山つじい」と合浦公園入口にある通称「海つじい」がありますが、今回は方面的に「山つじい」へ。

海、山、どちらに行っても注文は、迷わず中華そばとみつかけ♪

「つじい」

青森の人間なら必ずやってる(?)であろう組み合わせです。

コチラのお店は、混んでいますが、待ち時間が少ないのが嬉しい♪
中華そばとみつかけを同時にお願いし、1分くらいでみつかけが、3分くらいで中華そばが通されるという速さ♪

中華そばは、極細麺。

「つじい」

優しい煮干しの香りのする醤油味が、細麺によく絡みます。
あっさりしているけど、ちょっとしょっぱ目。

そんな口の状態で、みつかけをパクリ。
すると、今度は口の中が、黒糖のみつかけの甘さで満たされ・・・

「つじい」

そして、また、スープをゴックン。
口の中が、いい感じのしょっぱ加減に・・・。

で、またみつかけを~~~というのが青森流!

そんなこんなで、麺がなくなった後、お茶のような役割を果たす完汁系の中華そばなんです。

お腹も満たされたところで、本命、本命(笑)!!
先週も八甲田の田代高原にお出掛けした私ですが、つつじ祭とバーベキューに夢中で、ちゃんと景色を堪能しないうちに霧がたちこめてしまったので、今週も田代へ。
それでも、ちょっとだけ方面を変えて、高原ではなく田代平湿原へ。

田代平湿原

湿原までの道は腐葉土でプニョンプニョンと水分たっぷりの心地よい地面。
道沿いには、可憐なお花が咲いていて・・・

田代平湿原 田代平湿原 田代平湿原 田代平湿原

湿原の入り口には田代平湿原植物群落という看板があり、
「天然記念物 田代平湿原は、十和田火山、八甲田火山活動よりも古い、先八甲田火山活動時代(約200万年前)に生成されたカルデラ湖です。
この湿原は、イネ科やカヤツリグサ科の植物が枯死しても冷涼な気候の為、完全には分解されず腐植質とよばれる有機物の状態で堆積して泥炭層になったものであります。」
とあります。ほ~、カルデラ湖なのね~。

そして湿原に入ると、赤くて綺麗な食虫植物、モウセンゴケがキラキラと。

田代平湿原

入口付近では、つつじやニッコウキスゲが咲いていているものの

田代平湿原

まだ、まだワタスゲが少ないなぁと思いながら進んでいくと、広がってました、ワタスゲが♪

田代平湿原 田代平湿原

ちょっと終わりかけのものを見ると、今にも飛んでいきそうな状態で、種子の集まりであることがよ~~くわかります。
このフワリフワリとした様子を見ていると、ケセラセラ~♪って気分になっちゃいます。

ピーカンの天気ではなかったので、高田大岳の全景を見ることはかないませんでしたが、水がある場所では、オタマジャクシや、綺麗な瑠璃色のルリイトトンボを見ることができて、癒されちゃいました♪

田代平湿原 田代平湿原

by Kuu

《つじい(通称:山つじい)》
青森市幸畑字唐崎53の5
017-738-2979
10:00-16:00(L.O.15:30)
定休 水曜

《田代平湿原》
青森市駒込深沢

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅