まるごと青森

twitter facebook rss
田舎館村の田んぼアート

今年も見頃、夏のでっかいアート

観光スポット | 2009-08-04 22:15

夏、まっただ中です。
天気がちょっとくらい悪かろうと、梅雨が明けてなかろうと、誰がなんと言おうと、祭りが始まったら青森は「夏でなければならない」場所なのです。そう言いたくなるほど、青森の人々は夏を待ち望み、ため込んだエネルギーを祭りに、短い”夏”にぶつけるのです。

…なんて強引な出だしでスイマセン(^^ゞ
実際の天候はなかなかスッキリしませんが、今日からはいよいよ五所川原の立佞武多が始まり(これって、考えてみたら「おっきいねぶたは後から来る」の言葉どおりですね(笑))、青森の”夏”祭りも中盤戦です。
そして”夏”になると、そうです、おなじみの「あの」アートも見頃を迎えます。

というわけで、つい先日、田舎館村の田んぼアートを見学しに行ってきました。
地上から見るとこんな感じ。「何か書いてる?」というくらいにしか見えません。

田舎館村の田んぼアート

田植えの時はこういう視点で植えていくわけですね。想像するとつくづく、「すごいねぇ」とか「ようやるなー」とか、いろんな感想がわき上がります。

さて、今年の題材は「戦国武将とナポレオン」。
昨年は従来のつがるロマン、紫稲、黄稲に加えて白稲(色素の薄い稲)が見事な図柄を描き出していましたが、今年はさらに観賞用の新品種「祝い茜」を使用して、平成18年に引き続き、品種を変えて赤い色の再現にチャレンジしています。
とのことでその出来映えは…

うむ、見事なり!

田舎館村の田んぼアート

左が戦国武将。今にも駆け出しそうな躍動感溢れる馬にまたがり、兜に輝く「愛」一字の前立ては直江兼続。今年の大河ドラマの主人公…と思われますが、役場によるとあくまで「戦国武将」だそうです。あれ?

田舎館村の田んぼアート

そして右がナポレオン。有名なダヴィットの「サン・ベルナール峠を越えるナポレオン」が題材になっています。「余に続け!」とでも言ってるのでしょうか。格好いいですねぇ。

ところで。
去年新たに取り入れた白稲は見事に効いていますが、赤稲はちょっと分かりませんね…と思い、これまた役場に聞いたところ、「赤稲は“穂”が赤くなる品種なので、もうしばらく経たないと色が出ないです。でも他の色は今が見頃ですね」とのこと。

なるほど…今年は見頃が二度ある、と考えたら良いのですね、きっと。
赤い色はいったいどこに使われているのか…秋風が吹き始めたら、また確認にくるのもいいかもしれません。

そんな未だ挑戦を続ける田舎館村の田んぼアート、写真を見て「なるほどねー」と分かった気になってる人はいませんか?この素晴らしさは、実際行ってみないと絶対に分かりませんよ!今年はぜひ現地で見てくださいね。

そして感激したら、ぜひこの田んぼアートを続けるための募金にもご協力を。

by くどぱん!

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅