まるごと青森

twitter facebook rss
「森の中の果樹園」

紅葉の岩木山を眺めつつ、「森の中の果樹園」へ

体験 | 2009-10-13 11:06

紅葉が進んできましたね~。今日は、岩木山の紅葉を眺めつつ、山の恵みを
いただきに、「森の中の果樹園」に行ってきました。

「森の中の果樹園」

こちらでは、約30ヘクタール(東京ドーム8個分)の敷地に約20種類の果物
(りんごは栽培していません)を栽培していて6月頃から11月まで、絶えず何
かしらの果物収穫を楽しむことが出来ます。

「森の中の果樹園」

驚くべきはここのシステム!通常の果樹園に行くと、1種類だけの収穫とか、
収穫時間が決まっているとか、様々な制約がありますよね。ここは持ち帰りが
別途購入になる以外は、時間無制限、どの種類の果物もその場で食べるなら
ばOKなんです!
受付で料金を支払い入場シールを体に貼り付け、園内へGO!です。

「森の中の果樹園」

今の時期は~まず受付近くに~「プルーン」を発見。完熟状態なので甘~い
プルーンを堪能です。近くには「あけび」もたわわに実っています。思えば・・
小さい頃、親に連れられ山の中で食べさせてもらった記憶がありますが・・・
最近見ませんでした。懐かしい味を堪能♪そして子供達にも試させましたが、
種が大変そうでした・・・。

「森の中の果樹園」

もう少し奥に行ってみると~ぶどう畑が!!!今時期のメインはスチューベン
で、た~くさん実ってます!たわわに実ったスチューベンで一番美味しそうな
ところを一粒だけいただけるなんて、贅沢の極みかと・・これが一番テンション
が上がります!他にもデラウェアとかマスカットみたいな白いぶどう、赤いぶ
どうもあったのですが、こちらは終わりかけなのか数は少なめ、でも食べられ
そうな部分を一粒一粒頂いちゃいます♪ぶどうだけで4~5種類は楽しめます。

「森の中の果樹園」

もっと奥に行ってみましょう。キター!秋と言えば梨!「豊水」がたわわに実っ
ています。ハサミと果物ナイフを受付で渡してくれるので、その場で皮をむき
むき・・・・収穫したてなので、とにかく果汁がスゴイんです。ジュワ~っと。
梨のエリアには洋なしも沢山実っているんですが、これは持ち帰り用ですね。
洋なしは収穫してから1週間くらい追熟刺せた方が美味しいので。こちらゲッ
トしたい一品です。

「森の中の果樹園」

今度は~園内マップを見てみると栗・クルミゾーンがあるじゃないですか!!
行ってみると・・・・うーん、栗は大半が拾われてしまったみたいで、探すのが
大変。

「森の中の果樹園」

くるみはありました~。生クルミって初めてだったのですがコレが旨い!市販
の乾燥がすすんだくるみも美味しいですが、やや水分が多めで爽やかなクリ
ーミーさがあるんです。カロリーが高いのでは・・・と思いつつ・・・ついつい5個
くらいは食べたような気が・・・。

「森の中の果樹園」

ちなみに受付にも収穫されたての季節の果実が揃っていてお土産に購入でき
ます。もちろん自分たちで収穫したものも1㎏あたり数百円で購入が可能です。

「森の中の果樹園」

あと、マルメロも一個お土産用に購入しておきました。あんまり香りがよいので。
お店の方に聞いたら芳香剤がわりに玄関・車に置いておく方も多いのだとか。
生では食べられませんが、ジャムなどの加工に使われるマルメロ。芳香剤とし
ても楽しめるのですね♪

熟れたてフレッシュ!な果物を堪能できる「森の中の果樹園」、今年は11月頭
くらいまで営業する予定なのだとか。山の恵みをいただく贅沢な瞬間を味わって
みませんか?

byノブchan

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅