まるごと青森

twitter facebook rss
わら人形で五穀豊穣

わら人形で五穀豊穣

体験 | 2010-08-11 08:54

たびたび登場している人形結い。今年4度目の登場で、いよいよハッピーハンドは人形に取り憑かれたか!? とご心配のみなさん、・・・えっ、心配している人はいないって? ・・・何はともあれ、おそらく今年最後の登場(予定)です。
以前、田子町の飯豊地区の虫追い(むしぼい)を紹介しましたが、今回は同じ田子町の細野地区の虫追いで、この2つの地区の虫追いは、合わせて県の無形文化財に指定されています。

わら人形で五穀豊穣

細野地区では、毎年旧暦の6月24日に虫追いを行っているそうで、今年は8月4日に行われました。
朝8時、集落の方は稲荷神社に集まり、男性はわら人形作り、女性は社の掃除と草むしりを始めます。

わら人形で五穀豊穣

私の故郷もそうですが、昔からの集落にある神社やお寺は、集落の中心的な存在になっているようですね。飯豊地区もここも、雰囲気が何となく故郷に似ていて、懐かしさを感じます。

さて、人形作りですが、作り方は基本的に飯豊地区に似ています。

わら人形で五穀豊穣

束ねたわらを折り返して丸みを与え、手と指なども細かく作り上げていきます。

わら人形で五穀豊穣

飯豊地区との違いは、ヒジとヒザ辺りに力こぶのようなふくらみを持たせていることと、顔の有無、といったところでしょうか。大きさは、小学校の中高学年程度で飯豊地区より小さめです。ただ、・・・

わら人形で五穀豊穣

特に男性のシンボルが大きいことは共通していて、子孫繁栄への願いが強くあらわれているように感じました。

お昼過ぎに神事が行われて人形に魂入れが行われた後、集落の方は社内の神前で祝宴を開始・・・って、あれ? 集落を練り歩くはずでは?

わら人形で五穀豊穣

・・・祝宴が始まって1時間・・・2時間・・・、みなさん、結構いい具合に酔ってます。本当に歩くのか(歩けるのか)と思っていた午後3時半過ぎ、ハッピを着込んだ男性陣が人形と楽器を持ち、社から出てきました。
すると、口に含んだお酒を人形に吹きかけ(お清めかな?)、

わら人形で五穀豊穣

笛や太鼓に合わせ、人形を持って踊り始めました。音楽は、飯豊地区とそっくりです。ただ、みなさんだいぶお酒を飲まれたせいか、フラフラしている方も見受けられ、見ている方もハラハラしましたが、無事に2度3度踊ったのち、集落を練り歩き始めました。

わら人形で五穀豊穣

子どもたちは「悪虫退散 五穀成就 家内安全 天下泰平 四海万福 国土安康」と書かれた紙旗を手に、一緒に集落内をまわっていきます。

飯豊地区では、集落の外れで人形を燃やしていましたが、細野地区では・・・

わら人形で五穀豊穣

「エイッ」と集落の外れのガケから投げ落として終わるのです。集落内の悪虫をその身に受け、集落の外へ出て行く、ということなのでしょうか?

さて、飯豊地区と細野地区の踊りの(貴重な?)映像を撮りましたのでご覧ください。
まずは飯豊地区。

次に細野地区。

今年、4か所の人形結い、虫追いを見てきましたが、この神事を守り、後の世に伝えていこうという集落の方の思いが強く感じました。
by ハッピーハンド

今月末には、南部町の正寿寺地区でもあるんですよね~。・・・来年見に行こう。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ