まるごと青森

twitter facebook rss
「魚喰いの大間んぞく」

「魚喰いの大間んぞく」で大満足

グルメ | 2010-12-13 09:30

大間のマグロといえば、いまや日本一のマグロブランドです。平成13年、築地市場での初セリで、2,020万円!!の値段をつけた202kgのマグロ。

「魚喰いの大間んぞく」

そのマグロを釣り上げたのが、第三十八美吉丸という船で、その漁師が経営しているお店が「魚喰いの大間んぞく」です。

「魚喰いの大間んぞく」

下北に住んでいる知人に誘われて行ったお店は、本州最北端の碑から歩いても行ける距離にありました。自分の記憶では、数年前に大間に来たときにはなかったお店だと思います。・・・最近できたのかな?

「魚喰いの大間んぞく」

店内に入ってみると、漁師の店らしく大漁旗が飾られ、マグロを釣り上げた時の写真が数多く飾られていました。その中のひとつが、一番最初の2,020万円のマグロの写真です。ニュースでは聞いていましたが、この写真に写っているのが2,020万かぁ・・・。どんな人が買ったのだろう?

さて、マグロ漁師の店ということなので、さぞかしマグロがうまいだろうとは思いましたが、マグロ以外のお刺身もぜいたくに食べてみたかったので、私は「刺身定食」(2,000円)を注文。

「魚喰いの大間んぞく」

マグロ(赤身)にウニ、アワビと、ぜいたく三兄弟の登場!! 味は・・・もう言うまでもありませんが、あえて言わせていただきます。ウ、ウマーイ!!。中トロに近いマグロの赤身もそうですが、ウニもアワビも一級品。ああ、このおいしさを文字でしか表現できないもどかしさ・・・。至福の瞬間とはまさにこの時なんですね~。

厨房をのぞかせてもらいましたが、今まさにマグロを解体し、捌いている最中。

「魚喰いの大間んぞく」

漁師の店だけあって、水揚げから解体まで自らのお店でやっているそうです。(販売も行っているようです。)

一方、知人が注文したのは・・・おおっとでました、マグロづくしの「マグロ刺身定食」(2,800円)。

「魚喰いの大間んぞく」

大トロ、中トロ、赤身のマグロ三兄弟の登場です。下北の味には詳しい知人も「う~ん、さすがだ。」と納得のおいしさ。
ただ、今回これだけで終わりませんでした。な、何と・・・

「魚喰いの大間んぞく」

カマトロの登場!! お店の方が、何とサービスでつけてくれたんです。おおーっ!!、何という太っ腹。見てください、この光り輝くカマトロ様の輝き☆を。口に入れれば・・・と、とける~!!。最高級の霜降り和牛にも引けを取らない大間のマグロここにあり、という感じです。

お昼からこんなぜいたくな食事をして本当にごめんなさい、と訳もわからず謝りたくなりましたが、お店の名前のごとく、大満足です。
by ハッピーハンド

<魚喰いの大間んぞく>
下北郡大間町大字大間字大間平17-377
0175-37-5633
営業時間 8:00~18:00(不定休)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅