まるごと青森

twitter facebook rss
青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

グルメ | 2011-04-12 17:30

いきなりですが問題です。
マグロで有名な本州最北端の大間町では、年配の漁師の方が忙しい時期に最も売れるというモノがあります。それは何でしょうか? 

答えはコレです。

青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

津軽海峡の荒波とたたかっている漁師の朝ご飯として、はたまた、船上でのおやつとして食べられているのが、宮野製パンさんの「アンドーナツ」です。

へらべったいドーナツ生地の中に粒あんが入った大変シンプルな「アンドーナツ(125円)」は、窯がなくても鍋ひとつで作れることもあり、創業当時からずーっと作られ続けてきた「大間の定番」のパンとして地元の方に愛されてきました。

青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

宮野製パンさんの創業は昭和一桁代です。町内の奥戸(おこっぺ)地区で創業しましたが、昭和30年代半ばの大火を契機に現在の大間地区に移転しました。

青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

当初は、駄菓子屋・飴屋でしたが、早くからアンパンや、クリームパン、アンドーナツなどのシンプルなパンも焼いていたそうです。漁師の朝ご飯は、80年もの長きに渡り大間の人たちに食べ続けられてきた、ということになるんですね。私の2倍以上の年齢・・・ス、スゴイ!

現在、お店でパンを焼いているのは二代目の宮野毅さんと、毅さんの息子で三代目の成厚さんのお二人です。

青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

二代目の毅さんは、昭和20年代半ばからお店に入り、80歳を超えた現在でもまだまだ現役。三代目の成厚さんとともにパンを焼き続けています。黙々と仕事をするその姿からは、職人としての威厳のようなものも感じます。
一方、成厚さんがお店に入ったのは、毅さんの病気がきっかけでした。地元を離れてケーキと和菓子の修行をしていたある日、毅さんが病気になったという連絡を受けて帰郷。ところが・・・

青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

「帰ってみたら、父が元気に雪かきしていたんですよ。」と、成厚さんは笑顔で話してくれました。重い病気ではなく、すっかり元気になっていたのです。

 こうしてパン作りを始めることになった成厚さんは、今後のことを考え、店で作って売る仕組みをしっかり作ろうと決意。東京からパンの先生を招いて一からパン作りを学び、そして、お客様のニーズにこたえるため、少量多品種のパン作りを始めたそうです。

青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

ところで、私が宮野製パンさんと出会ったのは、なぜかマグロ解体ショーの会場。当然マグロを目当てに行ったわけですが、会場でパンが販売されている・・・。はて? しかもクリームパンと・・・ええっ、マグロバーガー? さらに、ショーの進行役を務めていたのが、何と成厚さんだったのです。

青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

こんな出会いでしたから、マグロ以上にパンに対する印象が大きく残っています。この時食べたのはクリームパン。海を見ながらほおばり、クリームの冷たい食感が口の中に広がった瞬間、なぜか小さい頃よく通っていた地元のパン屋さんを思い出しました。「アンドーナツ」もそうですが、シンプルなパンだからこそ、多くの人が小さいころからよく食べ、深く心に残っている味なんでしょうね。

青森ふるさとベーカリー9 宮野製パンの「アンドーナツ」

数あるパンの中でも、地域にとっての定番商品は「アンドーナツ」です。今は少量多品種をモットーにしているため、通常期で一日20個程度作っていますが、かつては一日に1000個(!)も売れたという大ヒット商品です。粒あんの甘味が優しく感じ、「もう1個ください!!」と、おかわりが欲しくなるような一品です。

「今日作ったものは今日しか売らない」がモットーの宮野製パンさんは、翌日の配達の際に前日の売れ残りをすべて回収する徹底ぶり。大手メーカーにはできない方法で、地元に愛されるパンを作り続けています。
そして現在、成厚さんの長男一成さんが洋菓子担当として工場に入っており、親・子・孫の三世代が同じ場所で仕事をしています。本州最北端のパン屋さんは、これからも地元に愛されるふるさとベーカリーを焼き続けてくれること間違いなしです。みなさんも大間にお越しの際は、ぜひぜひふるさとベーカリーを味わってみてください。
by ハッピーハンド
がんばろう東北!青森から東北の元気届けます。

<宮野製パンの「アンドーナツ」>
パン年齢 昭和一桁代誕生の80歳くらい
大間町大字大間字大間86 Tel.0175-37-2718
9:00-18:00(定休 日曜日・1月1日~1月3日

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

石垣工事草もみじ八甲田ロープウエイ八甲田八甲田山頂湿原展望台ミヤマイヌノハナヒゲ十和田湖ひめます十和田湖増殖漁業協同組合刺身宇樽部十和田家食堂りんご王国観光りんご園世界一アップルヒル不動の滝田茂萢岳毛無岱地獄沼八甲田そば睡蓮沼城ヶ倉大橋ラーメンブナ林スイーツ岩木山黒石観光協会毛豆〆サバ棒ずし国光雪の下スターキングシードル吉井酒造ヌーヴォつがるニッカりんご酒アップルパイレークサイドホテル手作りオルトラーナピザ石釜ピザそばもやし休屋休平大間大トロまぐろ丼魚喰いの大間んぞく漁師のお店百年食堂神武食堂駅弁八戸駅まち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地青森りんご紅葉冬の田んぼアートけの汁弘前弘南鉄道斜陽館ブナコ筋子納豆ナポリタン喫茶奥津軽いまべつ駅青森おさかな自慢下北道の駅漬物朝市イカドン青森津軽ダム白神山地体験プログラム十二湖散策醤油老舗絶景ひらめウニ体験津軽海峡SUP白神山地周辺カレー津軽鉄道青い森鉄道ジャム鉄道むすめ森林鉄道丼物かき揚げまつり囃子小川原湖アクティビティアオモリ・モビリティチームAAAにんにくお土産蔦沼早朝シンメトリー新緑奥入瀬三乱の流れ高村光太郎智恵子抄乙女の像十和田国立公園大町桂月双竜の滝雲井の滝マイナスイオン阿修羅の流れ遊覧船マリンブルーランチクルーズ石ヶ戸休憩所子ノ口ヒメマスカツラ塩焼き萱野公園酸ヶ湯蔦川蔦温泉銚子大滝生姜味噌おでん雲谷そば白糸の滝山ツツジ八戸銀サバトロづけ丼サバの駅銀鯖八戸前沖さば全国ご当地どんぶり選手権サバの串焼きさば中野もみじ山小嵐山紅葉床黒石紅葉狩り小嵐山弁当青天の霹靂新米県産米ライトアップ光のファンタジー大型こけし灯ろう暗門の滝西目屋マザーツリー樹齢400年ブナの巨木アクアグリーンビレッジANMON津軽峠りんご侍早生ふじトキシナノスイート千雪紅玉ジョナゴールド弘前市平川市お歳暮王林ふじきおうシナノゴールド星の金貨金星一般財団法人青森県りんご対策協議会青森県産りん対協御所川原ポリフェノールでるそ〜れりんごジュースごしょがわら日本一りんご市場弘果弘前中央青果弘前公園菊と紅葉まつり弘前城天守閣

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅