まるごと青森

twitter facebook rss
シャコちゃんがお弁当に

シャコちゃんがお弁当に!?

グルメ | 2012-02-22 17:40

怪しく光る大きな目・・・う、宇宙人に遭遇!?

シャコちゃんがお弁当に

先日、五能線沿線の観光スポットをめぐるモニターツアーで出会ってしまいました。

パクパク、もぐもぐと、あぁ、おいしい・・・ゆでタマゴ。

シャコちゃんがお弁当に

ご覧のとおり、目玉はタマゴ、体はごはん、ということで、
木造駅の巨大なオブジェでも有名な遮光器土偶の「シャコちゃん」を
かたどったお弁当なんです。

この、非常にインパクトのあるお弁当を食べた場所は「華かるこ」さんです。
つがる市役所の隣、縄文住居展示資料館「カルコ」の建物内にあります。
カルコには、遮光器土偶のレプリカが展示されてます(※)ので、
シャコちゃんを見て、食べるという何とも不可思議な体験ができるというわけです。
(※この日は、他の展示会へ出張中でした。)

このお弁当、正式には「シャコちゃん縄文弁当」といって、
すごいのは、シャコちゃんの形をしたごはんだけではありません。

シャコちゃんがお弁当に

横からみたお弁当の形・・・何に見えますか?

そう! 縄文式の土器をイメージした器になっているんですね~。
「縄文」の名を冠した弁当だけに、形にもこだわってます。

そして、これが何と三段重ねの重箱になっていて、

シャコちゃんがお弁当に

最上段には、うどんと天ぷらがドンとにらみを効かし、

シャコちゃんがお弁当に

二段目には、地場産品をつかった料理の小鉢類が控え、
最下段に、これでもか! と、とどめのシャコちゃんごはんがあるんです。

シャコちゃんがお弁当に

この豪華絢爛なお弁当にけの汁がつき、何とそのお値段が980円!
ツアーに参加したみなさん、この値段を聞いて「ええっ!?」と箸を持つ手が止まりました。

料理内容も、縄文をイメージして決めているというこだわりのお弁当は、
見て楽しく、食べておいしく、懐にもやさしいという、大変ありがたいものです。
つがる市方面へお出かけの際は、ぜひ見て、食べて、縄文を楽しんでみてください。

「これで元が取れるのですか?」
「うふふふっ、取れませんよ・・・。」と笑顔で答えてくれたスタッフの方、とても素敵です!
by ハッピーハンド
がんばろう東北! 青森から東北の元気届けます。

シャコちゃん縄文弁当をいただくには、2日前までの予約が必要なのでご注意ください。

<華かるこ>
つがる市木造若緑59-1 (つがる市役所の隣)
0173-42-5565
営業時間
11:00~14:00(LO 13:30)
17:00~23:00(LO 10:30)
定休日
日曜日・祭日の午前

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅