まるごと青森

twitter facebook rss
「いちご」

さよなら「春冬いちご」!まもなく「夏秋いちご」が本番です!

体験 | 2012-06-25 20:05

「いちご」

幅広い世代に人気がある、真っ赤で甘酸っぱい「いちご」
青森県内は、ちょうど今、一般的な作型である「冬春いちご」(12月~6月)から「夏秋いちご」(6月~11月)への切り替え時期を迎えています。「冬春」「夏秋」どちらのタイプも栽培している田舎館村の工藤観光農園(代表:工藤弘樹さん)は、毎年、「冬春いちご」の畑を一般開放し、いちご狩りを行っています。
ちなみに、今年(平成24年)は6月30(土)~7月8日(日)までとなっています。
実は、この時期の青森の「冬春いちご」はとっても美味しくて、今年最後の「冬春いちご」を味わうために、工藤さんのハウスに行っていました。

田舎館村の工藤観光農園

ハウスの中に入ると、甘酸っぱい香りがハウスの中を漂い、次第に、いちごのショートケーキの中にいるような幸せな気分になってきます。いちご狩りができる品種は、「とちおとめ」や「あさか」で、リピーターが年々増え、この時期を楽しみにしている人たちがたくさんいるそうです。40分食べ放題ということですが、「これまで130個ぐらい食べた女の子が最高かな?」と話していました。

「いちご」

いちご狩り体験の魅力は、楽しく、美味しく、ビタミンCがたくさん摂れる。それだけではありません。帰りのお土産が、1パックに山盛り詰め放題500円なのです。
ちなみに、上の写真は、私が詰め放題の挑戦をした時のものです。頑張れば、市販のパックの2~3倍は詰めることができるということで大変お得です。
とれたて新鮮で、真っ赤ないちごは、エネルギーに満ちあふれていて、疲れている私は、元気パワーをもらったような気がしました。

さて、これから本番の「夏秋いちご」ですが、夏場(6月~11月)のいちご栽培は難しく、アメリカをはじめとした外国から年間4,000トンが輸入されていましたが、スイーツ業界などから「鮮度や安全・安心面などの観点から輸入いちごに替えて、夏でも国産いちごを使用したい」という要望を受け、夏秋期も生産できる品質の優れた「四季成り性」の品種が開発され、夏季冷涼な地域を中心に徐々に増加しています。

実は、青森県も夏季冷涼な気候を活かした、夏秋いちごの産地化が進められています。生産量は全国3位で、若い人たちも新規就農するなど面積が増加しています。栽培されている品種は、夏秋いちごでは代表的な「ペチカ」「北の輝」などですが、まだまだ、流通量が少ないため価格も高く、スーパーなどでは販売されずに、洋菓子店や首都圏や関西のテーマパークに出荷されています。

スイーツショップなどに並んでいる、色鮮やかないちごケーキ。ひょっとしたら青森県産の「夏秋いちご」かもしれませんよ!
                                by さっちゃん
 

工藤観光農園のいちご狩り情報
 
 料 金:小学生以上1,000円  3歳以上500円
 期 間:平成24年6月30日(土)~7月8日(日)
 時 間:8:00~18:00
 問合先:0172-58-2711
 住 所:南津軽郡田舎館村大字枝川

田舎館村の工藤観光農園

 ********************
 
  平成25年のいちご狩り情報

  期間:6月29日(土)~7月7日(日)
  時間:8:00~18:00

 ********************

同じカテゴリーのおすすめ記事

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ