まるごと青森

twitter facebook rss
今別町の荒馬(あらま)

全国から若者が集結!今別町の荒馬(あらま)

イベント・まつり | 2012-08-01 13:10

8月ですね。
一年で一番、青森県人が燃える季節がやってきました。

弘前ねぷたの哀愁と妖艶さ、八戸三社大祭の豪華絢爛な山車、大迫力の五所川原立佞武多、ねぶた師が一年かけ精魂込めて作る青森ねぶたの勇壮さと熱さ、どれも大好きですが、今週、絶対行こうと思っているのが今別町の荒馬です。

今別町の荒馬(あらま)

今別町は津軽半島に位置し、青函トンネルの本州側入口がある人口3200人の町ですが、毎年8月4日から7日に行われる「荒馬まつり」には、全国から100名もの若者が集まってきます。
彼らは今別町の出身者ではなく、京都、大分、愛知、宮城、北海道の学生やOB・OG、首都圏の小学生や父母など。荒馬が大好きな人達が集まってくるというのです。

今別町の荒馬(あらま)

荒馬踊りは、その名のとおり荒々しい踊りで、津軽地方の各地で伝承されています。
田植えが終わり、田の神が天に昇るとき、農民が神の加護に感謝するため行われる「さなぶり(神送り)」の行事の一種です。

「今別町の荒馬」は、青森県の無形民族文化財で、現在は今別地区の「今別荒馬」と大川平地区の「大川平荒馬」の2種類が行われています。
今別荒馬は軍馬を、大川平荒馬は農耕馬を模したと言われています。

「今別町の荒馬」の最大の特徴は、馬役の男性と手綱取りの女性がペアで激しく踊ることです。
手綱取りの女性と馬役の男性が向かい合い、囃子に合わせて初めは手綱を引き合いながら踊りますが、荒馬はだんだん本性を現して荒れだし、囃子の調子も勢いが付き、手綱取りが手綱を放すと、荒馬はますます激しく踊ります。

今別町の荒馬(あらま)

そして思う存分暴れた荒馬は、囃子の調子が静かになるとともにおとなしくなり、手綱取りが再度手綱をとって一緒に練り歩きます。
基本の踊りは難しくはないようですが、なかなか自分の荒馬、手綱取りにたどり着けない奥の深さも魅力のようです。

今別町の荒馬(あらま)

荒馬踊り自体のおもしろさはもちろんですが、
県外から毎年多くの若者が参加するようになったのは、地元の方達が長い間、若者達を家族のようにもてなしてきたからではないかと思います。
参加した若者は、大学の後輩に伝統を受け継ぎ、後輩もまた荒馬に参加していますし、
大学を卒業した後も仲間や家族をつれて来る人もいるようです。

全身を使う激しい踊りと田舎への里帰り体験・・・今別町の荒馬は、祭りの原点ともいえる魅力にあふれています。
しかも、男女ペアで踊るとなれば、若者が燃えないハズがありません。

祭り期間中、町内の各地域で昼夜時間を決めて荒馬踊りが行われていますが、8月4日は、18時から今別荒馬、大川平荒馬の合同運行が行われます。二つの荒馬を一度に見られるチャンス!もちろん、子ども達の荒馬も披露されます。
津軽半島の町で、熱い夏を体験してきます。
by Hana

今別町の荒馬(あらま)

<荒馬まつり>
日程 8月4日~7日
8月4日は、18時から、JR今別駅から今別漁港までの間を今別荒馬、大川平荒馬が合同運行。
まつり主会場の今別漁港では、ステージイベントや花火大会も行われます。

<お問い合わせ>
今別町観光協会(今別町商工会内) 電話0174-35-2014
今別町役場 電話0174-35-2001 ホームページ http://www.town.imabetsu.lg.jp/

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅