まるごと青森

twitter facebook rss
「パンとコーヒーの店 ねこのて」

喫茶店で男前カツサンド

グルメ | 2012-08-20 08:43

青森も残暑が厳しくて、八甲田へ避暑に向かいます。

青森市内から八甲田方面に向かう八甲田ゴールドライン入口の雲谷ヒルズの近くに、「パンとコーヒーの店 ねこのて」という喫茶店がひっそりとたたずんでいます。

「パンとコーヒーの店 ねこのて」

このお店は、13年前にオープンして以来、知る人ぞ知る喫茶店として地元の常連のお客様に愛され続けてきました。
店内は、テーブル席が2つとカウンターが10席くらいで、オーナーのママさんとの距離感がちょうど良い広さです。
お店の名前が「ねこのて」ということもあり、猫好きのママさんだということは言うまでもありません。

「パンとコーヒーの店 ねこのて」

店内には猫グッズがあちらこちらにちりばめられており、猫好きの方にはたまらないお店だと思います。とはいっても、お店の中に猫がいるわけではありません。
「猫の手は見たり触ったりするととても癒される」というママさんの感性によって作りあげられたお店なのです。

今回は、ここのお店のカツサンドセット(950円)を紹介します。

「パンとコーヒーの店 ねこのて」

注文してからしばらくして出てきたのは、見た目に驚く大きさのカツサンドが2つ。なんと男前なカツサンドなのでしょうか。食いしん坊ひっさとしては、心から嬉しい悲鳴を上げたくなるボリュームです。

「パンとコーヒーの店 ねこのて」

体重90kgの食いしん坊ひっさでも、持った瞬間にずっしりとしたカツサンドの重さを感じます。
揚げたてのヒレカツは、サクッとした食感と肉の旨みが閉じ込められており、脂身が少ないのでたくさん食べられます。
パンは、フワフワ感と食べ応えのある焼き上げにこだわって、ママさんが毎日手作りしています。パンなのにごはんを食べたようなしっかりとした重厚感があります。
一緒に食べに行った自称パン通の相方も、その旨さにほれぼれしていました。
メニューはそれほど多くはなく、すべてがパンを使ったサンドイッチのセットメニューです。また、セットの飲み物もいろいろ選べますが、私はコーヒーをチョイスです。

「パンとコーヒーの店 ねこのて」

注文があってから、厳選した豆を挽いて丁寧にドリップするというコーヒーにもこだわっているので、コーヒー通にも納得のテイストです。ちなみに、コーヒー豆は、弘前市の成田専蔵珈琲店から仕入れているとのこと。いろんなところにこだわりを感じます。

パンのメニューであったにもかかわらず、食いしん坊ひっさは不覚にも満腹感を得てしまいました。
また、ちょっぴりエキゾチックなママさんの気さくな応対やジョークを交えたお話しはお客さんを和ませてくれます。
常連さんたちが時間が経つのを忘れ、ついつい長居をしてしまうのもわかる気がします。

まだまだ残暑が厳しい青森ですが、これから少しずつ確実に秋に向かい、八甲田も徐々に色づいてきます。秋の行楽シーズン、青森市内から八甲田へ向かう途中、または帰り道にちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

by ひっさ

パンとコーヒーの店 ねこのて
【営業時間】 午前11:00~18:00
【定休日】水曜日
※月末の月曜日、木曜日は休むこともあるので、TELで確認してください。
〒030-0133 青森市大字雲谷字山吹346-3
TEL.017-728-0150

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅