まるごと青森

twitter facebook rss
ながいもの赤ちゃん『むかご』

ながいもの赤ちゃん『むかご』

特産品・お土産 | 2012-12-24 19:03

2011年産の県産ながいもの収穫量が、北海道を抜いて日本一に返り咲いた青森県。
産地には秋から冬にかけて、ナガイモの赤ちゃん『むかご』が出回ります。

ながいもの赤ちゃん『むかご』

※ながいもの葉の付け根になり、時期になると地面に大量に零れ落ちます。

ながいもの赤ちゃん『むかご』

小さくてほっくり・むっちりのむかごは、地元では「いもの子」とも呼ばれ、
ネバネバ成分ムチンを含み、漢方では「山薬」と呼ばれるながいもよりも、
栄養価が高いと言われています。
というのも、通常、ながいもは皮をむいて食べますが、やわらかい皮ごと食べるむかごは
その分、食物繊維が豊富。塩分排出に効果のあるカリウムも
ながいもよりも多く含むという、むくみがちのo-rinには嬉しい食材なのです。
もうひとつ、食べ方もとっても簡単。
ながいもの皮をむくと手がかゆくなることもあるo-rinですが、まず皮をむく必要はなし。
ボウルに水と一緒にむかごを入れてぐるぐる混ぜてすすげばもう準備完了です。
大きめのものは素揚げし、塩をパラリとふればホクホクしたおつまみに
小さいものはご飯と混ぜてむかごご飯にしたり、大豆代わりにヒジキの煮物に入れたり。
私はチリコンカンにしてみました(^^)>これだけで十分お腹いっぱいになります。

ながいもの赤ちゃん『むかご』 ながいもの赤ちゃん『むかご』

私がむかごをいただいたのは、十和田市のイケメン農家・中野さん。
むかごは大きさがバラバラで、細かいだけに選別はものすごく労力がいるのですが、
中野家にはお父さんが開発した非売品のむかご選別機という秘密兵器があります。
ざばっと入れてハンドルを回すだけで大中小と3種類の大きさに分類されます。

ながいもの赤ちゃん『むかご』

それをさらにキズモノを省くために選別するのが、超巨大レディー・ガガなどの
かかしづくり名人・手先が器用な中野さんのお母さん。

ながいもの赤ちゃん『むかご』

まさに中野家だからこそできる、粒ぞろいのよいむかごなのです。

十和田市のむかごは、道の駅とわだぴあで2月頃まで出回っているとのこと。
この冬はむかごでむくみ知らずの女性を目指そうと思うo-rinでした♪

by o-rin

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅