まるごと青森

twitter facebook rss
食のスペシャリスト養成学校「県立百石高等学校」

食のスペシャリスト養成学校「県立百石高等学校」

青森の人 | 2013-05-15 19:36

以前、食材が豊富な青森の高校生がつくる、素朴で美味しい
スクール缶詰」をご紹介しましたが、
その食材を調理して逸品料理に変身させる、
全国トップレベルの生徒さんたちが通う
スーパー高校が青森にはあります。
それが、青森県立百石高等学校。
この真剣な眼差し、高校時代のo-rinに見せてあげたい。。。
食のスペシャリスト養成学校「県立百石高等学校」

百石高等学校の食物調理科は、卒業と同時に調理師免許を取得できる
調理師養成施設。見学させていただいた調理実習は、私語はなく、
ピリピリとした緊張感が走ります。
ここの生徒さん、何がすごいかと言うと、

その1 調理実習には、一流の食材を贅沢に使用!
都内の一流レストランでも使用されている宮内庁御用の
極上フランス鴨「銀の鴨」、
食のスペシャリスト養成学校「県立百石高等学校」

ミシュランガイドに掲載されている多くの店を顧客にもつ
「大西ハーブ農園」のハーブを通常的に使用しているんです。
食のスペシャリスト養成学校「県立百石高等学校」

大西さんからは、直接ハーブの生産方法まで教わっているほど。
上質な味・香・味覚を体感することで、プロの料理人としての
感覚を養います。
ちなみに八戸水産高等学校とも連携して、県産高級ひらめを使用した
商品開発にも取り組んでいるとか。
まさに「一流の食材がある場所には、一流の料理人が育つ」ですね☆

その2 全国的にも珍しい大規模実習「400人分のオードブル」
町の成人式では、なんと約400人のメニュー開発・調理・配膳を行います。
だるまいも、鮭など地元食材をふんだんに使って、
校長先生はもちろん、地元婦人部も交えて試食会を重ね、ようやく完成。
400人といえば、披露宴レベルですよね(@_@)
食のスペシャリスト養成学校「県立百石高等学校」

その3 目指すは甲子園優勝!家庭クラブの料理男子
男子で構成する「家庭クラブ」。昨年、実施された食の甲子園全国大会では
見事3位獲得!料理男子ってのがいいです。
そのときの料理が、だるま芋を使ったすいとん「へっちょこ汁」。
へっちょこ団子は商品化もされています。
あ、百石高校の生徒さんが開発に取り組んだ「おいらせだるま芋へっちょこ汁」は
おいらせ町内の飲食店でも食べることができます。
食のスペシャリスト養成学校「県立百石高等学校」

そんな素敵な料理男子も通う百石高校ですが、
今週末の5月18日(土)には、生徒さんたちが料理を提供する
キッチン「いちょうの森」が開かれます。
メニューは「だるま芋御膳」限定60食!
o-rinも、素敵な料理男子目指して(?)
行って来ます(^^)>

by o-rin

<キッチンいちょうの森>
日時:平成25年5月18日(土)11:00~13:00
場所:青森県立百石高等学校(おいらせ町苗平谷地46)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅