まるごと青森

twitter facebook rss
田んぼアート、今年は「花魁」!

田んぼアート、今年は「花魁」!

観光スポット | 2013-07-22 13:06

平成5年の「稲作体験ツアー」から始まり、
いまや世界的にも有名な田舎館村の「田んぼアート」。
最初は3色で、シンプルな「岩木山」と「文字」だけの図柄でしたが、年々バージョンアップし、
図柄も複雑になって色は7色にまで増え、葉の色を楽しんだ後に穂の色でまた楽しめる
「2度美味しい」工夫があるなど、まさに芸術作品として進化し続けています。
昨年度は22万人が訪れたとか。

今年も見ごろを迎えているとのことで、混雑承知で田舎館村へレッツゴー!
第1会場に10時前に到着したのですが、すでに30分待ち。さすが世界の田んぼアート。
下から見ると何の図柄やら?という感じなのですが、

田んぼアート、今年は「花魁」!

田舎館城(田舎館村役場)の展望台から覗き込むと・・・
どどーーーん!下に小~さく写っているのは人ですよ!

田んぼアート、今年は「花魁」! 田んぼアート、今年は「花魁」!

今年は「花魁とハリウッドスター」!
下町の玉三郎と呼ばれる梅沢富実男さん扮する花魁とマリリン・モンローで、
華やかなショービジネスの世界が田んぼの上に広がっています。

初めて生きている人をモチーフにしたとのこと、
また、マリリン・モンローの背景にある摩天楼には、ある仕掛けが施されています。
それは秋のお楽しみ・・・
と言いたいところですが、答えは最後に。

そして、第2アートは、大迫力のウルトラマン!ピグモンやバルタン星人も一緒。
地球から飛び立つウルトラマンは大迫力です。
子供たちも目を真ん丸くして大はしゃぎ。小さい子から大人まで楽しめるアートなんですね。

田んぼアート、今年は「花魁」!

さらに、今年は第3会場まであります。
第2アートの裏側の駐車場の奥に見えるこちら。

田んぼアート、今年は「花魁」!

毎年12月に清水寺で発表される、今年の漢字「金」。
白い石を並べて描かれていて、実際に毛筆で書かれた文字と全く同じなんです。

毎年、新しい見どころがある田舎館村の田んぼアート。
カフェでいただいたクッキーも細部まで本物の田んぼアートそっくりでした。
サクサクでチョコレートが挟んであって、ちゃんと美味しい「食べるアート」です。

田んぼアート、今年は「花魁」!

7月27日には弘南鉄道の「田んぼアート駅」もオープンするとのこと、
行ったことがある方もない方も、ぜひ足を運んでみてください♪

※「ある仕掛け」の答えは、
「8月の出穂時期を迎えると摩天楼の影が出る(予定)」です。

by o-rin

田んぼアート
■観覧時間:9:00~17:00
■入館料:大人 共通券300円、個別券100円、小人 共通券100円
■問合先:田舎館村役場 電話0172-58-2111
青森県南津軽郡田舎館村大字田舎館字中辻123-1

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ