まるごと青森

twitter facebook rss
1dayシェフの店「ベジめし」が夏季限定でオープン!

1dayシェフの店「ベジめし」が夏季限定でオープン!

グルメ | 2013-07-15 17:49

1dayシェフの店「ベジめし」が夏季限定でオープン!

昭和の香りが漂う青森市内の古川市場界隈には、ニコニコ通りをはじめとした魅力的な通りがありますが、その中でも、私が最近注目しているのが昭和通り。
「青森松竹会館」の跡地に誕生したクリエーターの活動拠点「BLACK BOX」や、そこにいるだけでワクワク楽しい気分になれるカフェ・ダイニングバー「PENT HOUSE」など、面白いお店が続々とオープンしています。

平成25年6月21日から9月6日までの期間限定で、野菜たっぷりの彩り豊かなヘルシーランチを提供している1dayシェフの店「ベジめし」もその一つです。

1dayシェフの店「ベジめし」が夏季限定でオープン!

こちらのお店の「1dayシェフ」システムとは、料理が大好きな主婦や男性、地元で評判のレストランなどのシェフなどが、「食」をテーマとしたコミュニティを生みだそうというコンセプトのもと、日替わりで食事を提供する仕組みで、全国各地で試行されているようです。

私が訪れた日は、地元で人気の納豆と味噌を販売している「古川納豆店」の古川美恵子シェフによる「三種の味噌だれでいただく豚ロース定食」。
手作りの三種の味噌だれ(ごま、生姜、梅)は、どれも上品かつ優しい味わいで、冷しゃぶ風の豚肉ととてもマッチしていました。もちろん、大粒の納豆の味も抜群でした。

ランチメニューは、毎日20食限定で提供され、アイスコーヒー付きで850円となっています。

「ベジめし」のもう一つの特徴は、店内に設置されている、まるで熱帯魚の水槽のようなお洒落なケースのLED植物栽培キット。ケースの中では小松菜やリーフレタスなどの葉っぱ系の野菜が栽培されていて、LEDの照明と野菜の緑色に癒されます。
お客様に提供する直前に小松菜とフルーツーをジューサーで仕上げたミックスジュースには、店内で栽培された野菜も使われています。その味は、全く青臭みがなく、フレッシュかつマイルドで飲みやすいです。

1dayシェフの店「ベジめし」が夏季限定でオープン!

お店のメニューなどがfacebookで公開されていますので、こちらも参考にしてみて下さい。

「是非、カフェやレストランをオープンしてみたい。」「料理は好きだけと、お店を出すのはちょっと・・・」という方は、自慢の腕と食材があれば、無理なく、そして楽しく1日限りのシェフが体験できますので、まずはトライしてみたらいかがですか?

                     by さっちゃん
□シェフに興味がある方(問合先)
 NPO法人青森県環境パートナーシップセンター 担当 三浦、木村
 住 所:青森市新町1-13-7和田ビル3F
 電 話:017-721-2480(携帯電話 080-3434-5598)

1dayシェフの店「ベジめし」が夏季限定でオープン!

□店舗情報
 1dayシェフの店「ベジめし」
 住  所:青森市古川1-17-16
     (旧青森松竹会館「BLACK BOX」向かい)
 営業時間:11:30~14:00
 電   話:080-3434-5598 
 不 定 休:来店前に電話などでご確認ください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅