まるごと青森

twitter facebook rss
津軽の温泉deダンス!

津軽の温泉deダンス!

体験 | 2013-10-30 14:33

津軽のど真ん中で育ったo-rinにとって、
近所の温泉で70歳以上の方々が社交ダンスを踊っているのはいつもの光景。

津軽の温泉deダンス!

ただ、掘り下げてみると、社交ダンスと言っても面白いポイントが盛りだくさんなのです。
(近所の温泉とは、つがる市、鶴田町の温泉です。)

■ダンス会場は宴会用の大広間

津軽の温泉deダンス!

普段は宴会などが行われる大広間ですが、
こちらの温泉は板の間があり、畳との段差のないバリアフリー構造。
当初は畳だけだったのですが、お客様が社交ダンスをはじめ、
畳がすり減るので板の間にしました。

■音楽は演歌
こちらの社交ダンスの音楽は演歌。しかも100円カラオケです。
演歌といっても、リズムはブルース、ワルツ、モダンなどさまざま。
自分の得意なジャンルの演歌が始まると、男性は女性を誘い、ステージに向かいます。

■70代でピアス。いつまでもおしゃれに。

津軽の温泉deダンス!

客層は農家を中心に、退職して一線を退いた70、80歳以上の方が多く集まります。
でもみなさん肌ツヤがよく、背筋がシャキッと伸び、その年代に見えません。
ドレスには他の方とかぶらないよう、自分で装飾を施し、
中には70歳を越してからピアスを空けた方もいます。
足元はもちろん、ダンスシューズ!

津軽の温泉deダンス!

■おやつに「飯寿司」「うんぺい」「タフマン」

津軽の温泉deダンス!

昼食持参で朝から夕方までいるので、飯寿司やおはぎ、
うんぺいなどを持ち寄り、優雅にダンス鑑賞を楽しみます。
中にはタフマン持参の方も。やる気です!

■実は、医者も進める若返りと健康の秘訣。
温泉の方いわく、来るときには腰を曲げているのですが、
社交ダンスが始まると終日、背筋はピシッと伸び、
終わって温泉に入り化粧を落として帰る頃にはまた腰を曲げて帰っていくとのこと。
温泉で肌ツヤも良くなるし、おしゃれをして異性との会話を楽しむことが
何といっても若返りと健康の秘訣なのかもしれません。

社交ダンス(=大広間利用)は、入浴料込み500円でどなたでも参加可能。
みなさんも温泉に入るだけではなく、「温泉deダンス」の世界に飛び込んでみませんか?
ちなみにo-rinも見学に行ったらダンスに誘われました。
「shall we(温泉de)ダンス?」

by o-rin

<「温泉deダンス」が行われている温泉>
※o-rinの知る範囲です。もっとあると思います。
※温泉によってダンスの曜日は異なりますので、事前にお問い合わせください。
■月見野温泉おらほの湯
(住所:つがる市森田町森田月見野290-1 電話:0173-26-3394)
■じょっぱり温泉
(住所:つがる市柏桑野木田若宮258-1  電話:0173-25-2390)
■つるまい温泉
(住所;鶴田町大字山道字高留57-1 電話:0173-23-5530)
■ゆったり温泉
(住所:鶴田町大字木鶴字西柳川61-2 電話:0173-22-2333)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ