まるごと青森

twitter facebook rss
本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

体験 | 2014-10-12 19:39

津軽半島北端にある今別町は、津軽国定公園袰月(ほろづき)海岸をはじめ、美しく変化に富んだ海岸線を有し、漁業や林業、農業などの第1次産業が基幹産業となっています。
歴史的にも海路での行き来が便利な北海道とのつながりが深く、北前船の寄港地としても繁栄し、江戸期には松前街道の宿場町として賑わいました。
現在は、平成27年度末の北海道新幹線開業を控え、青森県内4番目、津軽半島で唯一の新幹線駅「奥津軽いまべつ駅」のできる町として注目を浴びています。
今日は、この今別町で行われた、JRが行う「駅からハイキング」に参加してきました。

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

出発は、今別駅です。今日は「リゾートあすなろ号」の停車日でもあったことから、地域の住民の方が歓迎のお手振りを行いました。

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

お昼頃に参加者が集まった後で、駅前広場で今別町の郷土芸能「荒馬(あらま)」の披露が行われました。
「荒馬」は、江戸時代が発祥とされる伝統行事で、荒々しい馬役の男性と手綱を取る女性がペアとなり、太鼓や笛の囃子に合わせて踊ります。

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

一行はその後、最初の見学場所となる「今別八幡宮」を訪れます。ここは、全国的にも珍しい、神社の参道の下を線路が通っている、鉄道好きにはたまらないフォトスポットなのです。今日は場所の見学だけと言っていたら、たまたま運良く列車が通過しました。皆さん一斉にシャッターを押しています。

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

次に今別町内にある、小説「津軽」に出てくる「太宰が訪れたM宅」の前を通ります。

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

昼食は、今別町名物のもずくを練り込んだ「もずくうどん」と、若生コンブで巻いたヘルシーな巻き寿司で、青函トンネルをイメージした「トンネル巻き」をいただきました。もずくうどんはもずくが入っているせいか、とても食感が良く、おいしくいただきました。

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

午後最初の見学先は、今別大仏がある「本覚寺(ほんがくじ)」です。全国的にも珍しい青銅塔婆も建立されており、青森県重宝に指定されているほか、珍しい親子の狛犬もありました。

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検 本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

最後に買い物場所として訪れたのは、地場産品等直売所兼観光案内所の「なもわ~も」です。ここでは特産品のもずくうどんやのしいか、そして町の特産品「一球入魂かぼちゃ」をぜいたくに使った「かぼちゃシフォンケーキ」などを販売しています。
首都圏などから参加したお客様は、皆笑顔で帰路につきました。

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

現在建設中の奥津軽いまべつ駅を利用して、一人でも多くのお客様にいらしていただけるよう、今別町では町の魅力アップに懸命に取り組んでいるところです。

本州と北海道を結ぶ町「今別町」のまちなか探検

(byオーレおじさん)

<今別町役場ホームページ>

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅