まるごと青森

twitter facebook rss
階上漁師の家庭に伝わる万能調味料「かぜ水」

階上漁師の家庭に伝わる万能調味料「かぜ水」

特産品・お土産 | 2015-03-30 16:09

階上漁師の家庭に伝わる万能調味料「かぜ水」

 階上町の漁師の家庭では、塩ウニの精製過程で発生した、市場に出回らないウニのエキス「かぜ水」を、家庭の万能調味料として、様々な料理に使われています。

階上漁師の家庭に伝わる万能調味料「かぜ水」

 「かぜ」とは、三陸地方の方言で「ウニ」を表す言葉です。
 「かぜ水」は、毎年6月から7月に行われるウニ漁でとれたウニを塩ウニに加工する際に、副産物として発生するもので、主に岩手県北から青森県南の三陸地方の漁師の家庭で、昔から調味料として料理に使われていました。
 
階上漁師の家庭に伝わる万能調味料「かぜ水」

 階上町では、塩ウニは60gの瓶詰めで約1,400円と非常に高価なものなので、漁師にとってはあまり食べるものではなく、あくまで商品。一方「かぜ水」は価値のない副産物と考えられており、家庭で食べる分だけとっておくそうです。

階上漁師の家庭に伝わる万能調味料「かぜ水」

 「かぜ水」は風味をまろやかにする効果があり、各家庭でさまざまな料理に使われています。
 ウニの風味を強く残す場合は汁物に、ウニの風味より味をまろやかにする場合は、煮物に使います。
 代表的な料理の一つに「ドンコ汁」があります。
 ドンコも滅多に市場で出回らず、漁師宅で自家消費されてしまう濃厚な肝味が特徴の階上で獲れる魚です。 
(参照ページ)
青森の磯汁「ドンコ汁」

階上漁師の家庭に伝わる万能調味料「かぜ水」

 その他、日常の家庭料理である「卵焼き」や「野菜の煮付け」、「卵焼き」は「かぜ水」を加えることでふっくらとなり味がまろやかになります。また、「野菜の煮付け」では大根等に染みたウニの風味とかぜ水のエキスが凝縮したものがまろやかな潮の風味に仕上げます。
 若いお母さんがいる家庭では、パスタ等の洋食にも積極的に使われています。

「かぜ水」はウニと塩のみだけで作られる家庭の万能調味料なのです。
また階上町では、ほとんどの漁師の家庭が、うにをさらしで濾さずに無濾過で作るので、風味が強く濃厚な「かぜ水」となります。(kogao)

「階上産かぜ水」の問い合わせ先

階上町産業振興課 商工・観光グループ
住所 青森県三戸郡階上町道仏字天当平1-87
TEL  0178-88-2875
FAX  0178-88-2117

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ