まるごと青森

twitter facebook rss
砂に埋まって、夏バテ解消!

砂に埋まって、夏バテ解消!

体験 | 2015-08-07 20:17

まだまだ暑い日が続きますね。こんな時は海へ出かけて青森の短い夏を楽しみたくなります。
子どもの頃は、海水浴に行って、よく砂に埋まりましたよね~。実は、砂に埋まる「砂浴」をすることで、遠赤外線効果により、カラダの中の毒素を出すことができるんです。
砂に埋まって、夏バテ解消!

砂に埋まって、夏バテ解消!

鹿児島県指宿市の「砂蒸し」が有名ですが、青森県内でも、きれいな海岸であれば、「砂浴」ができちゃうんですよ。
といっても、一人で行って、首から下を全部砂に埋めるのはむずかしいので、「砂浴」体験に出かけてきました。
青森市の浪打にある自然食品の店「あおぞら」さんでは、毎年1回この砂浴講習会をやって、今年で22回目を迎えるそうです。
あおぞらさんでは、いつも津軽半島の日本海側に面した中泊町の折腰内(おりこしない)海水浴場で行います。ここは、海水の透明度が高く、さらさらのきれいな砂浜が広がり、景色も美しいところです。
砂に埋まって、夏バテ解消!

あおぞらさんの西館会長が、砂浴の効果と入り方について、ていねいに説明してくれました。海岸に穴を掘り、その中にカラダを横たえて上から砂をかけ、全身の毒素を砂に吸い取ってもらう、まさに自然と一体となった健康法です。砂の遠赤外線効果でカラダを温めながら、砂に含まれる海水のミネラルが毒素を出してくれます。なるべく肌を直接砂に触れるよう水着やTシャツ・短パンなどの格好がいいそうです。また、傘やビーチパラソルでしっかり日よけすることや、水分補給に注意することが必要です。
砂に埋まって、夏バテ解消!

砂に埋まって、夏バテ解消!

まず、スコップで自分の入る穴を掘ります。砂をかけてもらって、この日は、午前中1時間、午後1時間砂に埋まりました。砂に埋まった途端、私は、両足が「どくんどくんする」状態になりました。午後は太陽が出てきたので、砂がちょうどよい熱さになり、まさに「いい湯だな アハハ~ン」
入浴後?は、カラダに砂がびっしり張り付いているので、海に入って洗い流します。久々に犬かきや背泳ぎで海を楽しみました。「海って最高~!」と叫びたくなります。ビーチそばにはオートキャンプ場もあり、コインシャワーでカラダを洗い着替えすることもできます。
砂浴直後は、とってもカラダが軽くなりました。人によっては、頭痛がしたり、発疹が出たりといった症状も出るようですが、自然に消えていきます。
首から下をすっぽり砂に埋めて、海のかなたをぼんやり眺めながら、波の音や鳥のさえずりを聞き、静かなひとときを過ごして、健康になる。そんな海の楽しみ方を体験しました。
なにしろ青森の夏は短いので、強い日射しで海岸の砂がほどよく熱くなる「ちょうどいい湯加減」の期間は短いかもしれません。それだけに、残りの夏休みは、急げ!砂浜へ!
あっ、スコップとパラソルと水分はお忘れなく。
砂に埋まって、夏バテ解消!

(マツコHG)
折腰内海水浴場(中泊町)
自然食品の店あおぞら(青森市)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅