まるごと青森

twitter facebook rss
八戸ブイヤベースin東京

八戸ブイヤベースin東京

グルメ | 2016-01-22 17:09

みなさん!お久しぶりです!ジミーです!
暖冬と言われ暖かい日が続いていましたがやっと冬将軍が本気を出してきましたね!寒すぎます!

そんな寒さの中ですっかり元気がなくなっていたジミーですが、都内で八戸市の魚介類を使った心も体も暖まる賞味会が開催されるという情報を入手したので、早速ジミーと魚介類大好きお魚くいしんぼが潜入してきました!

八戸ブイヤベースin東京

1月20日18:50会場に到着!会場となるのは、東京大学駒場キャンパス内にあるフレンチレストラン「ルヴェ・ソン・ヴェール駒場」。

八戸ブイヤベースin東京

店先には八戸ブイヤベースフェスタとあります。
八戸市の魚介類を使った体も心も暖まる賞味会とは、八戸ブイヤベースの賞味会のことなのです!

ご存知の方も多いと思いますが、ブイヤベースとは、新鮮な魚介類が数多く水揚げされるフランス南部の港町マルセイユの郷土料理です。

では、八戸ブイヤベースには一体どんな特徴があるのでしょうか。
八戸ブイヤベースには大きく2つのルールがあります!
特徴その1 八戸産の魚介類をふんだんに使用するべし!!
八戸港に水揚げされる魚介類を最低4種類以上使うこと!また、使用する野菜(ハーブ類、にんにく、トマト等)もできるだけ地元産を使うようにしているそうです。
特徴その2 八戸流は二度おいしくすべし!!
まずは八戸の魚介類のおいしさをそのまま味わいます。次に、魚介のだしたっぷりのスープを生かした“締めの一皿”を楽しむこと!この一皿で二度が八戸ブイヤベース楽しみ方です。
この2つのルールを守れば、使う魚、締めの内容もあとは提供するお店の自由!
そんな八戸ブイヤベースのイベント八戸ブイヤベースフェスタは2012年から八戸市限定で行われていて、今では八戸市を代表する冬の風物詩となっています。そして、八戸ブイヤベースを求めて訪れる県外の方々も年々増えています。
そんな八戸市限定の八戸ブイヤベースフェスタ、東京でも食べられないの?という声もありました。

そこで!この魅力的な八戸ブイヤベースを首都圏の方々に、もっともっと知ってもらいたいとのことから、メディアや旅行業関係者を招待して一日限定の八戸ブイヤベース2016年プレオープン特別賞味会が開催されました。

賞味会は小林眞八戸市長とフランス大使館レジス・ラファン農務副参事官の乾杯でスタート!地元の食材を使った料理が運ばれてきます。

八戸ブイヤベースin東京

青森県産・北寄貝と帆立貝柱
津軽海峡海洋深層水の海塩と生海苔の香り
潮の香りをそのまま楽しめる一品ですが、塩辛くはなく北寄貝と帆立貝柱の甘さを感じられます。

【青森県産・シャモロックの2皿】

八戸ブイヤベースin東京

燻製の香りの胸肉 リンゴとアンディ―ヴのサラダ仕立て
リンゴの甘酸っぱさとアンディーヴのほどよい苦味が、シャモロックのおいしさを引き立てます。

八戸ブイヤベースin東京

もも肉の温かいルーローに根菜と黒ニンニクを添えて
シャモロックのおいしさはもちろんなのですが、根菜がどれもとても甘い!この日のために雪の下から掘って持ってきたそうです。

八戸ブイヤベースin東京

そして、いよいよお待ちかねの八戸ブイヤベースの登場です!

八戸ブイヤベースin東京

一口で八戸の地魚からの出汁が口いっぱいに広がります!

八戸ブイヤベースin東京

今回使用された食材は、タラ・タラ白子(キク)・あんこう・メバル・さめ・イカ・えいひれ(カスペ)の7品。特徴その1のルールをクリアです!
あまりの美味しさにジミーはすぐに完食!同じテーブルの方々も次々と完ツユです!

八戸ブイヤベースin東京

続いては締めの一品のリゾットです。先ほどのスープを使ったリゾットなので美味しくないわけありません。リゾットにすると優しい味わいになり、また違った楽しみ方ができます。これで特徴その2のルールをクリアです!

八戸ブイヤベースin東京

そして最後は、地元食材を使ったスイーツバイキング!圧巻の光景です!かなりお腹いっぱいのジミーとお魚くいしんぼでしたが、しっかりと食させて頂きました!
こうして賞味会はお開き。そして、帰るときには参加者皆さんがすっかり八戸ブイヤベースの大ファンになっていました。本場八戸にぜひ食べに行きたいという声も多く聞こえます。
こちらのブログをご覧の皆さんも食べたくなったのではないでしょうか?

そんな方々にお知らせです!八戸ブイヤベースフェスタ2016が2月1日(月)~3月31日(木)の期間で開催されます。
八戸市を、世界一地魚を愛する街にする!を目標に始まり今年で5回目!八戸市内15店舗が参加します!
八戸港は年間約600種類の魚介類が水揚げされます。これだけの種類あると各店舗でも扱う材料が異なります。各店舗それぞれのこだわりの味をぜひご賞味ください!

そして遠方から来られる方にも安心の八戸ブイヤベース2016期間限定のオススメ宿泊プランもあります!

全国有数の水揚げ高を誇る八戸港。新鮮で種類も豊富な魚介類を満喫できる八戸ブイヤベースをぜひ食べに来てください!!

BY ジミー

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

石垣工事草もみじ八甲田ロープウエイ八甲田八甲田山頂湿原展望台ミヤマイヌノハナヒゲ十和田湖ひめます十和田湖増殖漁業協同組合刺身宇樽部十和田家食堂りんご王国観光りんご園世界一アップルヒル不動の滝田茂萢岳毛無岱地獄沼八甲田そば睡蓮沼城ヶ倉大橋ラーメンブナ林スイーツ岩木山黒石観光協会毛豆〆サバ棒ずし国光雪の下スターキングシードル吉井酒造ヌーヴォつがるニッカりんご酒アップルパイレークサイドホテル手作りオルトラーナピザ石釜ピザまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地青森りんご紅葉冬の田んぼアートけの汁弘前弘南鉄道斜陽館ブナコ筋子納豆ナポリタン喫茶奥津軽いまべつ駅青森おさかな自慢下北道の駅漬物朝市イカドン青森津軽ダム白神山地体験プログラム十二湖散策醤油老舗絶景ひらめウニ体験津軽海峡SUP白神山地周辺カレー津軽鉄道青い森鉄道ジャム鉄道むすめ森林鉄道丼物かき揚げまつり囃子小川原湖アクティビティアオモリ・モビリティチームAAAにんにくお土産蔦沼早朝シンメトリー新緑奥入瀬三乱の流れ高村光太郎智恵子抄乙女の像十和田国立公園大町桂月双竜の滝雲井の滝マイナスイオン阿修羅の流れ遊覧船マリンブルーランチクルーズ石ヶ戸休憩所子ノ口ヒメマスカツラ塩焼き萱野公園酸ヶ湯蔦川蔦温泉銚子大滝生姜味噌おでん雲谷そば白糸の滝山ツツジ八戸銀サバトロづけ丼サバの駅銀鯖八戸前沖さば全国ご当地どんぶり選手権サバの串焼きさば中野もみじ山小嵐山紅葉床黒石紅葉狩り小嵐山弁当青天の霹靂新米県産米ライトアップ光のファンタジー大型こけし灯ろう暗門の滝西目屋マザーツリー樹齢400年ブナの巨木アクアグリーンビレッジANMON津軽峠りんご侍早生ふじトキシナノスイート千雪紅玉ジョナゴールド弘前市平川市お歳暮王林ふじきおうシナノゴールド星の金貨金星一般財団法人青森県りんご対策協議会青森県産りん対協御所川原ポリフェノールでるそ〜れりんごジュースごしょがわら日本一りんご市場弘果弘前中央青果弘前公園菊と紅葉まつり弘前城天守閣

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅