まるごと青森

twitter facebook rss
漁師の隠れ家を訪れて、浜の飲み文化に溶け込む

漁師の隠れ家を訪れて、浜の飲み文化に溶け込む

体験 | 2016-04-22 19:47

八戸線「鮫駅」は、江戸時代には貿易港・漁港として栄え、八戸発祥の地ともされる町の入口。「魚」が「交」わると書くだけに、往時は漁獲とお金を手にした漁師たちが行き交う繁華な町。腹巻きに札束を差し込んだ漁師たちが豪快に飲み歩き、威勢はよいけど治安が良いとは言いがたい雰囲気に満ちていたそう。

漁師の隠れ家を訪れて、浜の飲み文化に溶け込む

そんな漁師たちを温かく迎えて鼓舞してきた居酒屋やスナックは今も健在。地元の人達が集まって賑やかですが、一介の旅行社にとっては入りづらい・・・。とはいえ、なんだかとっても気になるこの状況に、救いの一手。

八戸で地元ならではの着地型旅行商品を数多く手がけているACツーリズムの町田直子さんが企画している「鮫銀座☆漁師の隠れ家はしご酒ツアー」。本八戸を夕方に出発し、鮫の街の居酒屋やスナックを3軒はしごした後に終電で戻ってくるという約3時間30分のツアー内容で、店を日々切り盛りするママさんたちの、浜ならではの生き様に溶け込むことのできる絶好の機会です。

漁師の隠れ家を訪れて、浜の飲み文化に溶け込む 漁師の隠れ家を訪れて、浜の飲み文化に溶け込む 漁師の隠れ家を訪れて、浜の飲み文化に溶け込む 漁師の隠れ家を訪れて、浜の飲み文化に溶け込む

この町田さんの「鮫銀座☆漁師の隠れ家はしご酒ツアー」は、観光庁の「東北六県見るもの・食べるもの・買い物100選」に選ばれました。八戸中心街では体験できない、歴史とロマン溢れる鮫銀座で楽しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

<ツアー行程>
本八戸駅集合(17:45)→八戸線で鮫駅へ→雰囲気の異なる3軒の飲食店をはしご酒→八戸線で本八戸駅へ→解散(約3時間30分)
料金:3,800円

<問い合わせ先>
ACツーリズム
電話 0178-85-0137
http://actourism.jp/

by りんごすたー

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅