まるごと青森

twitter facebook rss
子持ちシャコの美味しい季節です(オス・メスの見分け方)

子持ちシャコの美味しい季節です(オス・メスの見分け方)

特産品・お土産 | 2016-05-20 12:02

子持ちシャコの美味しい季節です(オス・メスの見分け方)

青森のお花見にはトゲクリガニ(青森呼称:ガ二)と並んでシャコ(青森呼称:ガサエビ)は欠かせない食材ですが、お花見が終わったこの時期になぜシャコを紹介するのか?!。その理由は、産卵前のメスがたくさん卵を抱いており、とても美味しい季節を迎えているからです。
なお、シャコを食べるのは日本人とイタリア人だけとの記述を読みました。何かオシャレな食べ物に見えてきました。

子持ちシャコの美味しい季節です(オス・メスの見分け方) 子持ちシャコの美味しい季節です(オス・メスの見分け方)

メスの胴の断面を見ると、オレンジ色の卵が中央にビッシリと詰まっているのが分かります。卵はコリコリとしてカラスミにも似た食感も兼ね備えており、濃厚でこの時期にしか味わえない美味しさです。卵を取り囲む身の部分もとても厚く、シャコ独特の甘みとうま味が口いっぱいに広がります。

子持ちシャコの美味しい季節です(オス・メスの見分け方)

さて、シャコにもオスとメスがあります。もちろん、オスは卵を持っていません。多くの魚屋さんやスーパーなどでは、オス・メスの区別なく一緒に混在されていますので、メスだけを選ぶのは運まかせ・・・・。
しかし、今回はちょっと秘密にしたいオスとメスの見分け方をお教えします。上の写真で裏返したシャコが二匹並んでいますが違いが分かりますか?。左がメスで右がオスです。

子持ちシャコの美味しい季節です(オス・メスの見分け方)

右のシャコの一番下の足(頭側から数えて三列目)の脇に注目してください。両脇から細長い突起が出ているのが分かりますか。これが付いているのがオスで、無いものがメスになります。これを知っていると卵が詰まったメスが食べたい人はメスを、丸まると太った身だけを食べたい人はオスを選ぶことができます。

子持ちシャコの美味しい季節です(オス・メスの見分け方)

お魚自慢!青森県。「旬のものを旬の季節に」。是非、この時期限定「陸奥湾の子持ちシャコ」をご賞味ください。

【青森おさかな自慢】
http://www.pref.aomori.lg.jp/sangyo/agri/osakanajiman.html

by お魚くいしんぼ

タグ: 魚介青森県

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅