まるごと青森

twitter facebook rss
新緑の奥津軽でトレッキング!~奥津軽トレイル~

新緑の奥津軽でトレッキング!~奥津軽トレイル~

体験 | 2016-05-16 22:40

快晴の土曜日、奥津軽トレイル倶楽部が主催する「青森ひば林と森林鉄道軌道跡・奥津軽トレイルガイドツアー」に参加してきました。

青森県はヒバの一大産地。津軽半島も例外ではなく、この高級資材である青森ヒバを山から運び出すため、明治以降、森林鉄道が網の目のように張り巡らされていったのだとか。
森林鉄道は、昭和42年に廃止されましたが、その跡は津軽半島各地に残されており、奥津軽トレイルでは、その森林鉄道軌道跡と青森ヒバをテーマに歩きます。

今回参加したのは「太宰治ゆかりの地コース」。
神秘的な湯ノ沢冷泉や、太宰治の小説「魚服記」の舞台となった藤の滝、森林鉄道軌道跡の小田川鉄橋などを巡るコースです。

新緑の奥津軽でトレッキング!~奥津軽トレイル~

ガイドをしてくれたのは、日本山岳協会公認ガイドのお二人。
途中で倒れてもゴールまで連れて行ってくれそうな安心感があります。

新緑の奥津軽でトレッキング!~奥津軽トレイル~

新緑の奥津軽を進みます。ガイドさんの説明も丁寧で優しい。

新緑の奥津軽でトレッキング!~奥津軽トレイル~

コースの目玉の一つ、湯ノ沢冷泉。硫黄分を含んだ水が沸いています。地蔵尊として信仰の対象となっており、きれいに管理されていてごみ一つ落ちていません。
これぞ、パワースポット!といった雰囲気です。

新緑の奥津軽でトレッキング!~奥津軽トレイル~

次は太宰治「魚服記」の舞台になったといわれる藤の滝。
太宰もこの滝を見たのでしょうか。

新緑の奥津軽でトレッキング!~奥津軽トレイル~

そしてこれが最大の目玉!旧森林鉄道小田川支線の鉄橋跡。
森の中に突然現れる鉄橋。まさに一見の価値あり。

今回のコースは約10.4㎞、標高差166m。
舗装された道路も多く、歩きやすいコースですが、魅力満載!トレッキング初心者の方にもお勧めです。

次回は6月11日(土)、大倉岳登頂コース。
全長は今回の倍以上、約21.9㎞。標高差は670m。
かなり登りごたえがあり、本格的なトレッキングが楽しめそうです。トレッキング用お弁当付き。
体力に自信のある方はぜひチャレンジしてみてください!

<key>
NPO法人かなぎ元気倶楽部(奥津軽トレイル倶楽部事務局)
URL: http://www.kanagi-gc.net/okutsugaru_trail/index.html
TEL:0173-54-1616 FAX:0173-54-1023

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅