まるごと青森

twitter facebook rss
北海道新幹線が開業した今別町の荒馬まつりがスタート

北海道新幹線が開業した今別町の荒馬まつりがスタート

イベント・まつり | 2016-08-05 17:32

青森県は夏祭り真っ最中!
日本一小さい新幹線の町、青森県今別町でも、この地の夏の風物詩「荒馬(あらま)まつり」が始まりました。

まつりで披露される「荒馬踊り」は、馬役の男性と手綱取りの女性の2人が男女ペアで踊る、県内でも珍しい踊りです。奥津軽のフォークダンスといったところでしょうか。
「荒馬まつり」は、この男女ペアの踊りに、ねぶたの山車とハネトも一緒に練り歩く、いわば珍しい形のねぶた祭りです。

初日の4日は、荒馬の自由運行ということで、「今別荒馬」の皆様が町内を練り歩きました。

ねぶたの山車は扇形。この他にも人形型の山車もあります。

北海道新幹線が開業した今別町の荒馬まつりがスタート

お囃子はとても力強いのが特徴で、特に太鼓はとても迫力があり、心地よい重低音が響き渡ります。

北海道新幹線が開業した今別町の荒馬まつりがスタート

馬役と手綱取りのペアもぞくぞく登場。この日は地元の子供達のほか、宮城教育大学の学生も参加してくれました。そう、この荒馬踊りは大学生に人気なんですよ。

北海道新幹線が開業した今別町の荒馬まつりがスタート

お囃子の調子が勢いづくと、「ラッセラー、ラッセラー」のかけ声とともに、男女のペアが激しく踊り始めます。激しさの中にも、男性はかっこよさ、女性はかわいらしさが垣間見えます。自分も踊りを覚えて参加してみたいと思っちゃいました。まずは一緒に踊ってくれる相手を探さなきゃ。

北海道新幹線が開業した今別町の荒馬まつりがスタート

荒馬まつりは、8月7日まで開催されます。今別地区の「今別荒馬」のほか、大川平地区の「大川平荒馬」、二叉地区の「二叉荒馬」も運行されます。特に二叉荒馬は数年ぶりに運行するとのこと。それぞれ、踊りも雰囲気が違いますので、観比べてるのも楽しいですよ。

<荒馬まつり>
■期日:8月4日(木)~8月7日(日)
8月5日 18時 開発センター出発
8月6日 17時 今別駐在所出発(合同運行)
8月7日  8時 神社前出発
■問い合わせ先
今別町観光協会 電話 0174-35-2014

by りんごすたー

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ