まるごと青森

twitter facebook rss

海の青!夕陽の赤!白神山地の緑!鰺ヶ沢町で「五能線ノスタルジックサイダー」誕生です!

グルメ 特産品・お土産 | 2016-11-03 12:08

青森県の五所川原市と、秋田の能代市を結び、風光明媚なJR五能線。
(リゾート列車の「リゾートしらかみ」が走ることでも有名です。)

そんな五能線が全線開通80周年を迎えたことに合わせ、沿線の鰺ケ沢町で新たなご当地サイダーが生まれました。

その名も

「五能線ノスタルジックサイダー」

五能線ノスタルジックサイダー

青森県の日本海側にはといえば、「豊かな日本海」とそこにゆっくりと落ちていく「美しい夕陽」、そして世界遺産「白神山地のブナ林」。青・赤・緑の3色のサイダーはそれぞれを表していて、名前は五能線沿線の駅名から付けられています。

日本海の青!「鰺ヶサワー」

まず一つ目は「鰺ヶサワー」。
鰺ヶ沢町の玄関口、鰺ヶ沢駅の名前から付けられています。色は日本海をイメージした青。味は爽やかなペパーミントになっています。

鰺ヶサワー

世界遺産!白神山地ブナ林の緑「鳴サワー」

こちらは、鰺ヶ沢にある鳴沢駅からの命名。色は世界遺産白神山地のブナ林をイメージした緑色。味はブナ味!・・・ではなく、メロン味です。青森県内ではつがる市のメロンが有名ですが、お隣の鰺ヶ沢町でもメロン栽培がおこなわれており、甘くてとっておもおいしいんです。

※鰺ヶ沢町のポータルサイトでも紹介されています。ふるさと納税の返礼品にもなってたりします。
鰺ヶ沢町ポータルサイト「あじ行く?」 http://www.ajiiku.jp/category/detail05_28.html

ふるさと納税サイトhttp://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/02321/22102

鳴サワー

絶景!日本海に沈む夕陽の赤!「北金ヶサワー」

こちらは、お隣深浦町にある北金ヶ沢駅からの命名。日本海に沈む夕陽をイメージした赤色となっています。お味は、深浦町なので雪ニンジン!、、、ではなくスイカ味です。

北金ヶ沢といえば、有名なのが天然記念物に指定されている日本一の大イチョウ。来週11月10日から30日まではライトアップされ、迫力のある姿を楽しむことができます。

http://sukidesufukaura-passport.jp/event/nov/21248/

北金ヶサワー

今のところ、どのサイダーも「グランメール山海荘」と系列の「水軍の宿」の二か所でしか販売していませんが、今後は五能線の各駅や車内などでも販売予定なのだとか。

サイダーを楽しむには少し肌寒い時期にはなりましたが、青森・鰺ヶ沢を訪れた際には、是非、一度飲んでみてくださいね!
<key>

ホテルグランメール山海荘 http://www.hotel-grandmer.com/
TEL0173-72-8111
料金五能線ノスタルジックサイダー(鰺ケサワー、鳴サワー、北金ヶサワー) 1本 330円(税別)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅