まるごと青森

twitter facebook rss

マダラの鍋料理「じゃっぱ汁」の美味しい季節がやってきました

グルメ | 2016-11-04 19:45

madara1  寒さが増すこれからの時期、青森の魚は身が締まり脂がのり、とても美味しい季節を迎えます。特に12月から2月頃にかけて青森県沿岸で漁獲されるマダラは、丸々と太り、お腹には白子(地方名:タツ・キク)やタラコをたくさん抱え、最も美味し時期を迎えます。青森県では底曳網漁業、刺し網漁業、底たて網漁業、底はえ縄漁業などで漁獲され県内外に出荷されています。
%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a9%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af  東京都内の鮮魚小売店で青森県産のマダラを見つけました。しかも「活〆」!。活〆されたマダラの身はしっかりと血抜きがされていることから真っ白で、生臭さが極めて少なく、とても美味しく頂くことができます。活〆は生きたまま漁獲されたマダラを〆ることから、鮮度・肉質の良さは抜群です。
%e6%9d%90%e6%96%99%e2%91%a1

旬の時期を迎えたマダラ料理と言えば「じゃっぱ汁」。青森県を代表的する郷土料理の一つです。「じゃっぱ汁」とは、魚を三枚おろしにして残った頭や骨、内臓を総称して呼ぶ津軽弁です。共通語で「雑把」の意味で「あら」に該当します。「じゃっぱ汁」はぶつ切にした「じゃっぱ」と大根、人参、白菜、ネギ、豆腐などを加え、味噌や塩仕立てで煮込んだ汁です。
%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%93%81 出来上がった「じゃっぱ汁」は肝とアラの出汁が濃厚に染み出て、ひとくち口にするだけで、身もココロも芯から暖まるこの上ない美味しさです。具材の頭やヒレは「プルン」とした食感でとても美味しい部位です。そして、何といっても欠かせないのが「白子」。パンパンに張った白子は口にすると「プチッ」と膜が弾け、中からトロリとした濃厚な白子が口の中に広がります。
青森のマダラはこれからどんどん美味しさ(身と肝が太り、白子・タラコが大きくなる)を増し、旬を迎えていきます。

お魚自慢!青森県。「旬のものを旬の時期に」。是非、青森のマダラをお召し上がり下さい。

by お魚くいしんぼ

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅