まるごと青森

twitter facebook rss
水陸両用バス

気分爽快!西目屋村の水陸両用バスで「津軽白神湖」を満喫

観光スポット 体験 | 2017-05-23 01:13

平成29年4月下旬に運行を開始したばかりの西目屋村の水陸両用バスに乗ってきました。集合場所は西目屋村の「ビーチにしめや」です。

水陸両用バス
水陸両用バス

5月上旬のこの日はいいお天気で、絶好の水陸両用バス日和!

バスの後部にはプロペラが!
バスの後部にはプロペラが!

水陸両用なだけあってバスの後部にはプロペラがついています。タイヤとプロペラのセット。おもしろい眺めです。

ワクワクしながらバスに乗り込み、いよいよ出発です!バスには窓がないので、津軽白神湖までの道中はまるでオープンカーに乗っているかのよう。そんなにスピードは出ていないと思うのですが、結構な疾走感です。

ちなみに、このバスの運転には車と船の免許が必要なんだそう。そのほかにも、ガイドさんがバスのことをいろいろ教えてくれますが、詳しくは乗ってからのお楽しみということで…。ガイドさんの楽しい話に耳を傾けているうちに、津軽白神湖(津軽ダム)に到着。

アトラクション的な入水
アトラクション的な入水

「Let’s スプラッシュ!」とみんなでかけ声をかけて入水。水に入る瞬間は、予想以上にザブーンとなって水しぶきがかかるので、まるでアトラクション気分です!楽しくて、もう一回やりたかったぐらい。

バスからの眺めは最高!
バスからの眺めは最高!

水上でもバスは安定していて、10km~12kmの自転車ぐらいのスピードでゆっくりと進んでいきます。ちなみに、水上では、陸上と違ってシートベルトをしてはいけないんだそうです。何かあったときにすぐに逃げられるように、とのことです。水上では車内を自由に移動することができるので、運転席の近くに行って前方を眺めることもできます。

車内からの眺め
車内からの眺め

左側に橋が見えてきました!橋に人がいたりなんかすると、手を振りたくなりますよね。でも決して両手を振ってはいけません。なぜなら、それはSOSのサインだから。みなさん、手を振るときは片手でしましょう。

見ごろの山桜
見ごろの山桜

この日は、ちょうど山桜が見ごろでしたが、新緑や深緑、秋の紅葉の時期もキレイだろうなと思います。みなさんもぜひ水陸両用バスをお楽しみください!

※平成29年5月28日、30日、6月1日開催の日帰りツアー(水陸両用バス乗車、グリーンパークもりのいずみのランチ、津軽ダム見学、温泉入浴など)もあります。申込みは開催日の5日前まで。詳しくは、津軽白神ツアーのHP(https://t-shirakami-travel.jimdo.com/おすすめコース/)をご覧ください。

by はっしー

津軽白神ツアー
場所<受付・のりば>
物産センター「ビーチにしめや」
青森県中津軽郡西目屋村田代神田219-1
TEL0172-85-3315
FAX0172-85-3316
時間<運行期間>
2017年4月30日(日)~10月31日(火)
運休日:毎週水曜日

<運行時間>
(各便定員40名/最少催行人数1名)
第1便  9:00
第2便 10:30
第3便 12:00
第4便 13:30
第5便 15:00
料金<乗車料金>
(お一人様料金/消費税・保険料込み)
大人 (中学生以上) 2,500円
小人 (3歳~小学生) 1,500円
幼児 (2歳以下) 500円
注)幼児はお座席がありません。保護者の方の膝の上(抱っこ)になります。
Webサイト水陸両用バス/ニシメヤ・ダムレイクツアー

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅