まるごと青森

twitter facebook rss
青森市善知鳥神社の宵

夏の夕べのお楽しみ ~津軽の宵宮(よみや)~

グルメ 観光スポット イベント・まつり | 2017-06-21 16:29

宵宮(津軽地域では、「よみや」と呼びます。)は、土地やそこに暮らす人々をお守りしている神様を祀る寺社の大祭の前夜祭のことで、津軽地域では5月から10月まで150以上もの宵宮が開かれます。特に6月から7月は宵宮の集中期で、毎日のように開かれています。

こちらは、青森市安方の善知鳥神社の宵宮の様子です。
青森市善知鳥神社の宵
こちらは、弘前市新寺町の十一面観音(袋宮寺)の宵宮の様子です。御堂の中には、高さ595センチメートル、見上げるほど背の高い観音様がいらっしゃいます。
弘前市十一面観音(袋宮寺)の宵宮

ここで、宵宮が津軽地域に暮らす人達の生活に根付いているエピソードをいくつかご紹介します。

1 お昼にドンドンと花火が上がると、今日はどこの宵宮?と学校や職場でひとしきり話題になる。

2 宵宮の近所のお宅では、お盆やお正月のように親戚が集まり宴会をすることがある。

3 道路端に佇む小さなお地蔵様でも宵宮があり、近所の人達がお菓子などを持ってお参りすることがある。

4 弘前市では唄(節回し)や言い伝えやの残る宵宮がある。
その1 いぱだ(異様)に にわが(賑やか)だ 大円寺の宵宮
その2 胸肩神社には、女性の神様がお祀りされていて、女性がお参りすると雨が降る。

5 綿飴、金魚すくいなど定番の出店の他に、飴せんべい、フライなど、局地的に愛されている食べ物の出店もある。

いかがでしょうか?宵宮が、静かに、でも、確実に根付いている感じがしませんか?エピソード2は私もウンウンと肯いてしまいます。親戚の家の近くで宵宮がある時は、「宵宮遠征」できてうれしかったものです。

さて、お参りした後は、出店!ということで、今年の宵宮の出店の様子をご紹介します。

こちらは、飴せんべいの出店です。水飴を胡麻せんべいでサンドするところを実演していただきました。サクサク、トローンの食感がクセになります。青森市の善知鳥神社の宵宮にて。
善知鳥神社の宵宮の飴せんべいの出店
こちらは、フライの出店です。薄く焼いた小麦粉の生地に、キャベツや桜海老などをトッピング。ソースを塗り二つに折っていただきます。約30年振りに食べました!弘前市の十一面観音の宵宮にて。
弘前市十一面観音の宵宮のフライ
そして、花火の出店。カラフルで、見ているだけでもワクワクします。弘前市の十一面観音の宵宮にて。
弘前市十一面観音の花火の出店
6月21日は夏至。午後7時を過ぎてもまだ空が明るく、そぞろ歩きが楽しい時期です。今年の夏は宵宮に行ってみませんか?

byチビスケ

<青森県内の宵宮情報>
青森市(青森市ホームページ)
弘前市(弘前観光コンベンション協会ホームページ)
黒石市(黒石市ホームページ)
その他市町村の宵宮(Web東奥)

 

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅