まるごと青森

twitter facebook rss

新OMOTENASHIご当地グルメ「東通天然ヒラメ刺身重」 デビュー!!

グルメ 特産品・お土産 | 2017-06-30 18:10

ついに。

「深浦マグロステーキ丼」 (深浦町)
「平内ホタテ活御膳」(平内町)
「中泊メバルの刺身と煮付け膳」(中泊町)
「田子ガーリックステーキごはん」(田子町)

に続く、青森県内5番目の新OMOTENASHIご当地グルメとして、東通村の「東通天然ヒラメ刺身重」がデビューです。

ドーン! 爆 誕。

店舗での販売は7月1日からですが、それに先駆けて「東通天然ヒラメ刺身重」協定調印式並びに完成披露会が開催されました。

認定証を持っているのは、提供する店舗のオーナー。左から「ログレストラン南川」の南川直樹さん、「レストランむら」の二本柳圭さん、「松楽」の石塚正夫さんです。

青森県は、ヒラメの漁獲量で宮城県に次ぐ全国2位。東通村は青森県の中でも有数の漁獲量を誇っています。

「東通天然ヒラメ刺身重」は、そんな地元産の天然ヒラメがふんだんに使われていて、食感や味の異なる様々な食べ方で楽しめるのが特徴。

刺身だけでも、「活締め」「神経締め」「昆布締め」「野菜巻き」「エンガワ」と、旨みや歯ごたえの異なる5種のヒラメが味わえます。

また、活締めは土佐醤油、神経締めは刺身専用じょうゆ、昆布締めはポン酢ジュレ、野菜巻きはわさびマヨネーズ、エンガワは昆布塩と全て違った調味料が用意されていて、食べ比べが楽しいラインナップです。

ヒラメの食べ方にこんなに種類があるなんて!

メインの3段重は「山かけ重」「天むす重」「なめろう重」。
お米は東通産のほっかりん。

白身魚のヒラメは淡白な味わいですが、それぞれがご飯に合うようにしっかり工夫されていて、ご飯ととても良く合います。美味しかったー

その他、岩のりと布海苔が入った食前スープ、東通牛と十割そばのサラダパフェ、ブルーベリーのアイスクリームなどなど、東通産の食材がふんだんに使われていて、まさに東通村を味わい尽くすコース料理となっていました。

「東通天然ヒラメ刺身重」は、東通村内にある「ログレストラン南川」「レストランむら」「松楽」の三店舗で7月1日から食べることが出来ます。3店とも税込み1,600円。

皆さん、ぜひぜひ食べてみてください。大満足間違いなしです!

By key

ログレストラン南川
〒039-4223 青森県下北郡東通村小田野沢見知川山1-155
TEL:0175-34-9106

レストランむら
(東通村交流センター内)
〒039-4292 青森県下北郡東通村大字砂子又字沢内5番地34
TEL:0175-27-2111

松楽
〒039-4224 青森県下北郡東通村白糠垣間19
TEL: 0175-46-2905

料金1,600円

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅