まるごと青森

twitter facebook rss

都内で巡る青森酒場放浪記!!北千住・炭火焼ごっつり編

グルメ | 2017-10-25 17:23

今回お邪魔したのは、北千住駅から徒歩3分のところにある「炭火焼ごっつり」です。
北千住には他にも系列店が2店舗あり、グループの社長を務めるのが八戸市出身の西村直剛さん。高校まで青森で過ごし、その後上京。ごっつりのウリはなんと言っても青森が誇るブランド鯖、今が旬の「八戸前沖さば」。料理は釣りが好きだったことから独学で学び、今や鯖の名店。この日も平日の大雨の日にも関わらず満員のごっつりですが、もともとはホルモン焼きのお店だったとのこと。では、なぜ今のような鯖推しの店になったのでしょうか。八戸以外でこんなに美味しい鯖が食べられるようになったのには必然の出会いがありました。

 

八戸前沖さばとの出会い
八戸出身の西村さんは、仕入れも含め八戸に戻ることが多いそうですが、その際に旧知の仲である地元の飲食店の方に会い、東京の店で八戸前沖さばを使ったほうがいいと勧められて試しに食べさせてもらったそうです。小さな頃から当たり前のように食べていた鯖でしたが、あらためて食べてみると他地域で獲れる鯖と脂の旨味が全然違うことに衝撃を受け、これを東京で提供したい!と思ったそうです。

 

八戸前沖さばが年中食べられる!!

「八戸前沖さば」は水揚げ状況、粗脂肪分重量等を参考に認定期間を判断する八戸のブランド鯖で、今年の認定期間は10月5日からになりました。ちなみに、八戸前沖さばの中でも大型(例年550g以上)のさばを「銀鯖」と認定しています。サバの最北の漁場となっている八戸は脂ノリがすごいです。
ごっつりではそんな旨味たっぷりな八戸前沖さばを新鮮なまま現地で冷凍しているため、年間を通しての提供を可能にしている。安定して美味しいサバが食べられる。こんな嬉しいことはありません。ただし、旬の時期のモノはやはり格別。
せっかくなので、今回はこだわりの八戸前沖さば料理をあますところなく満喫させていただきました。

 

銀鯖3種盛り合わせ

サバ冷燻仕立て

桃川 (純米酒)

まずは銀鯖3種盛り合わせ。いきなり銀鯖という贅沢。手前から漬けサバ、味噌漬けサバ、〆サバ。漬けは脂のノリを一段と感じることが出来る。〆サバもアクセントに使われている生生姜が深みを出していて臭みが全くない!これは〆サバとガリが合うことから試してみたそうで、独学ならではの発想。サバ好きはもちろん、苦手な人にもオススメの一品です。味噌漬けも青森県民にはおなじみ、コムラのなんばんみそを合わせ味噌に使っているため余計な水分がとび、旨味が引き出されている。三者三様の楽しみ方をやはり今回もオススメ日本酒で合わせてみました。一杯目は「桃川 (純米酒)」。サバの美味しさを引き立てる味わいで、サバ冷燻仕立ても含め絶妙なマッチング。

 

サバ串焼きと八仙 ひやおろし

銀鯖棒寿司

続いては、お店一押しのサバ串焼き。肉厚で脂たっぷりな串焼きは見た目からも美味しさが伝わりますが、これは串に刺す順番にこだわりが。すべての串で先から順番に腹・腹・背・腹・背から尾と分けてあります。脂がのっていて、旨味が強い部分を先に味わい、背のさっぱりした味でリセット。もう一度腹身を味わい、背から尾のさっぱりした部分でしめるというサバの魅力を一本で味わうことが出来る一品。これだけで何本も食べたくなります。
そしてサバの旨みを十分に活かした銀鯖棒寿司。身が厚く、食べごたえがすごい棒寿司ですが、一般的なモノと違い、酸っぱさが主張してこない・・・。理由を聞いてみると果実酢と大量の白ゴマを使用し、酸味を抑えているとのこと。細部にまで手が込んでおり、飽きさせません!
この2品には地元八戸のお酒「八仙 ひやおろし」を合わせます。これもまた日本酒が進む進む。もう止まりません!

 

驚くほど豊富な八戸前沖さばのメニュー
サバサンド

サバとろろ飯

サバの漬け丼

ここまでの紹介でも分かっていただけたと思いますが、通常の居酒屋では味わえないような趣向を凝らしたサバ料理が満載!その数なんと10種類以上。その中でもシメに食べたいサバ料理を3品紹介させていただきます!!
まずはサバサンド。このサバは青森県民のソウルたれ「スタミナ源たれ」に15~20分漬け込み、別にして焼いたうえでパンに挟む手の込みよう。1人で1皿ぺろりといけちゃいます!
続いてはサバとろろ飯。脂がノッた焼きサバと五戸産の長芋の相性は抜群!一口食べると箸が止まりません。
最後に言わずと知れたサバの漬け丼。全国ご当地どんぶり選手権で2連覇を達成し、一躍有名となったサバの漬丼ですが、イベントとはまたちょっと違う味が楽しめます。どちらが好きか決めるのはあなた次第!

 

シメと言いながら3品も紹介してしまいましたが、食欲の秋はサバの秋!とも言いたくなるような絶品料理のフルコース。
今回は紹介出来ませんでしたが、他にもサバ味噌や鯖ビーフン炒めなど定番から珍しい料理まで盛りだくさん!行くたびに新しいサバメニューに出会えるかも。

by  もんた

青森料理の専門居酒屋 炭火焼ごっつり
場所東京都足立区千住2-31 白石ビル2F
北千住駅西口 徒歩3分
TEL03-5244-1696
時間17:00~24:00(年中無休)
その他※掲載メニューをすべて提供しているのは「炭火焼ごっつり」のみです。
姉妹店とお間違えの無いようお願い致します。

タグ: 八戸市東京

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

石垣工事草もみじ八甲田ロープウエイ八甲田八甲田山頂湿原展望台ミヤマイヌノハナヒゲ十和田湖ひめます十和田湖増殖漁業協同組合刺身宇樽部十和田家食堂りんご王国観光りんご園世界一アップルヒル不動の滝田茂萢岳毛無岱地獄沼八甲田そば睡蓮沼城ヶ倉大橋ラーメンブナ林スイーツ岩木山黒石観光協会毛豆〆サバ棒ずし国光雪の下スターキングシードル吉井酒造ヌーヴォつがるニッカりんご酒アップルパイレークサイドホテル手作りオルトラーナピザ石釜ピザそばもやし休屋休平大間大トロまぐろ丼魚喰いの大間んぞく漁師のお店百年食堂神武食堂駅弁八戸駅まち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地青森りんご紅葉冬の田んぼアートけの汁弘前弘南鉄道斜陽館ブナコ筋子納豆ナポリタン喫茶奥津軽いまべつ駅青森おさかな自慢下北道の駅漬物朝市イカドン青森津軽ダム白神山地体験プログラム十二湖散策醤油老舗絶景ひらめウニ体験津軽海峡SUP白神山地周辺カレー津軽鉄道青い森鉄道ジャム鉄道むすめ森林鉄道丼物かき揚げまつり囃子小川原湖アクティビティアオモリ・モビリティチームAAAにんにくお土産蔦沼早朝シンメトリー新緑奥入瀬三乱の流れ高村光太郎智恵子抄乙女の像十和田国立公園大町桂月双竜の滝雲井の滝マイナスイオン阿修羅の流れ遊覧船マリンブルーランチクルーズ石ヶ戸休憩所子ノ口ヒメマスカツラ塩焼き萱野公園酸ヶ湯蔦川蔦温泉銚子大滝生姜味噌おでん雲谷そば白糸の滝山ツツジ八戸銀サバトロづけ丼サバの駅銀鯖八戸前沖さば全国ご当地どんぶり選手権サバの串焼きさば中野もみじ山小嵐山紅葉床黒石紅葉狩り小嵐山弁当青天の霹靂新米県産米ライトアップ光のファンタジー大型こけし灯ろう暗門の滝西目屋マザーツリー樹齢400年ブナの巨木アクアグリーンビレッジANMON津軽峠りんご侍早生ふじトキシナノスイート千雪紅玉ジョナゴールド弘前市平川市お歳暮王林ふじきおうシナノゴールド星の金貨金星一般財団法人青森県りんご対策協議会青森県産りん対協御所川原ポリフェノールでるそ〜れりんごジュースごしょがわら日本一りんご市場弘果弘前中央青果弘前公園菊と紅葉まつり弘前城天守閣

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅