まるごと青森

twitter facebook rss

まるごと青森きのこパーティー!

グルメ | 2017-11-14 09:23

11月某日、青森市内の某所。ある大物ゲストを迎えて「まるごと青森きのこパーティー」が開催されました。とにかくきのこをお腹いっぱい満喫しようという素晴らしいこの企画。その日食べることができた、まさにきのこ尽くしの料理の数々をご紹介します。

まずは前菜から。
前菜には食前酒が添えられていました。

ウワミズザクラという山の木の実の果実酒で、ちょっと渋味のある味ですが、山の力強い香りを感じられるような味です。

そして、いきなりとんでもないきのこが登場しました。その美味しさも、貴重さも、松茸以上と言われる幻のきのこ「香茸」です。ちょうど先日テレビでも取り上げられていましたが、特に今年は本当に収穫量が少ないとのこと。その貴重な香茸は、牛肉と合わせて甘辛く味付けされていました。

口に入れると、濃厚な香りがいっぱいに広がります。とっても濃厚なのにしつこさがなく、いつまでも噛み締めていたいと思ってしまうような美味しさを持ったきのこでした。

きのこだけでなく、山菜も次々と登場。こちらはぜんまいのごま和えです。津軽地方の私の実家でもよく食卓にのぼっていた懐かしい一品です。

少し甘味が加えられていて、それがぜんまいの香りととても良く合います。

そして、こちらも家庭でもよく食べられる「きのこの佃煮」です。

ムキタケ、クリタケ、そしてえのき茸と3種類ものきのこがふんだんに入っています。ちなみに、天然のえのき茸は茶色で傘も開いているので、普段スーパーで目にする白いえのき茸とは全然似ていません。

そして前菜最後の一品は、これもまたとても珍しい「岩魚の飯ずし(いずし)」です。

飯ずしとしてよく食べられるのは、鮭やホッケ、ハタハタなどですが、岩魚の飯ずしは見るのも食べるのも初めてです。気になるようなクセは全く感じられず、頭までとてもおいしくいただきました。

続いてはきのこがたっぷりのお碗です。

入っているのは、フユヤマタケとバカマツタケ。バカマツタケはアカマツなどの林ではなく、広葉樹の林で獲れることから、この名前が付けられたとのこと。味も香りも本家の松茸に勝るとも劣らないそうで、出汁だけでなく、部屋いっぱいに香りが広がっていました。

そして、個人的には大喜びのボリュームのある焼きうどんが登場。

こちらはチチタケというきのこ。とてもおいしい出汁が出るそうで、うどんに絡むだけでなく、一緒に炒められたナスにたっぷりと染み込んでいて、止まらない美味しさでした。

続いては、お重が登場しました!

シモコシというきのこや山菜の美味しい出汁が、肉厚の身欠きニシンにもしっかりと染みている絶品です。薄めの味付けになっていて、食材それぞれの持つ香りや美味しさが味わえました。

パーティーはまだまだ続きます。こちらも主に津軽地方で食べられる、炒め物です。

こちらに入っているのもシモコシというきのこ。豚肉の脂の旨みがきのこ、たけのこに合わせると、とてもよく合います。甘辛い味付けで、お酒もごはんにどんどん進んでしまう一品です。

そして、この季節には欠かせない料理といえば、そう鍋です!

とにかくきのこだらけのこの鍋には、シモコシ、ハタケシメジ、ムキタケが入っています。ハタケシメジの香り、ムキタケのツルッとした独特の食感。きのこの旨みが詰まっていて、もちろん体も温まる、この時期にはたまらない一品です。

ここで洋風の一皿が登場しました。きのこをたっぷり包んだオムレツです。

すみません。食べることに夢中になって、肝心のオムレツの中身が撮影できていません。ふわふわの卵に包まれていたのはアカモミタケというきのこ。きのこの香りとバターの香りの組み合わせがたまらなく美味しいことを実感できる一品でした。

きのこを満喫してきたパーティーもついに終盤。さっぱりといただける酢の物が登場。

ハナビラタケというこのきのこはシャクシャクとしたおもしろい食感。白っぽい見た目が菊の黄色と合わせるとよく映えますね。

そして、続いてもさっぱりといただけるお浸しですが、

わらびのお浸しが山盛りで登場。こんなにたくさんいただける機会はなかなか無いです。でも美味しいのでたくさん食べられちゃいます。とても贅沢ですよね。

まさにきのこづくしのフルコースの最後を締めくくるお食事。洋風の炊き込みご飯とみそ汁です。

炊き込みご飯に入っていたのはアカヤマドリというきのこ。きのこの香りとベーコンの香りが楽しめる、ピラフのような炊き込みごはんです。そしてみそ汁。ナラタケというきのこで、青森ではサモダシと呼ばれています。このサモダシのみそ汁は、個人的にも「毎年この時期には必ず飲まないと」というほど欠かせないもので、今年最初の1杯を満喫しました。

もう二度と味わうことができないかもしれないほど貴重な幻のきのこ「香茸」の登場への驚きから始まり、次々と運ばれてくるきのこと山菜尽くしの料理の数々には、他にも初めて食べたきのこもあり、その香りと味、食感に驚いてばかりの時間でした。そしてどの料理も本当に美味しかった。このパーティーに参加できたこと自体が、とても貴重な体験でした。

byだーくほーす

 

タグ: 青森市

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地青森りんご紅葉冬の田んぼアートけの汁弘前弘南鉄道斜陽館ブナコ筋子納豆ナポリタン喫茶奥津軽いまべつ駅青森おさかな自慢下北道の駅漬物朝市イカドン青森津軽ダム白神山地体験プログラム十二湖散策醤油老舗絶景ひらめウニ体験津軽海峡SUP白神山地周辺カレー津軽鉄道青い森鉄道ジャム鉄道むすめ森林鉄道丼物かき揚げまつり囃子小川原湖アクティビティアオモリ・モビリティチームAAAにんにくお土産蔦沼早朝シンメトリー新緑奥入瀬三乱の流れ高村光太郎智恵子抄乙女の像十和田国立公園大町桂月双竜の滝雲井の滝マイナスイオン阿修羅の流れ遊覧船マリンブルーランチクルーズ石ヶ戸休憩所子ノ口ヒメマスカツラ塩焼き萱野公園酸ヶ湯蔦川蔦温泉銚子大滝生姜味噌おでん雲谷そば白糸の滝山ツツジ八戸銀サバトロづけ丼サバの駅銀鯖八戸前沖さば全国ご当地どんぶり選手権サバの串焼きさば中野もみじ山小嵐山紅葉床黒石紅葉狩り小嵐山弁当青天の霹靂新米県産米ライトアップ光のファンタジー大型こけし灯ろう暗門の滝西目屋マザーツリー樹齢400年ブナの巨木アクアグリーンビレッジANMON津軽峠りんご侍早生ふじトキシナノスイート千雪紅玉ジョナゴールド弘前市平川市お歳暮王林ふじきおうシナノゴールド星の金貨金星一般財団法人青森県りんご対策協議会青森県産りん対協御所川原ポリフェノールでるそ〜れりんごジュースごしょがわら日本一りんご市場弘果弘前中央青果弘前公園菊と紅葉まつり弘前城天守閣石垣工事草もみじ八甲田ロープウエイ八甲田八甲田山頂湿原展望台ミヤマイヌノハナヒゲ十和田湖ひめます十和田湖増殖漁業協同組合刺身宇樽部十和田家食堂りんご王国観光りんご園世界一アップルヒル不動の滝田茂萢岳毛無岱地獄沼八甲田そば睡蓮沼城ヶ倉大橋ブナ林岩木山黒石観光協会毛豆〆サバ棒ずし国光雪の下スターキングシードル吉井酒造ヌーヴォつがるニッカりんご酒アップルパイレークサイドホテル手作りオルトラーナピザ石釜ピザそばもやし休屋休平大間大トロまぐろ丼魚喰いの大間んぞく漁師のお店百年食堂神武食堂

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅